« 第3話 米の売買で荒稼ぎ | トップページ | 第5話 速攻で婚礼 »

第4話 意見具申で勲功稼ぎ

7月1日、吉田郡山城での定例評定。

定期的に、他勢力の現況も確認しておく。

太閤立志伝5攻略史

主命の達成状況はこんな感じ。

太閤立志伝5攻略史

次期方針として「内政」を打ち出した元就殿に対し、意見具申すると…

太閤立志伝5攻略史

で、選んだ主命は

太閤立志伝5攻略史

7月4日、さっそく京に飛んだが、どういうわけか民家に浪人がおらん。以前のプレイでは二人ばかり住みついていた記憶があるんだけど…。

仕方ないので、他の町をあたろう。

7月5日、清洲へ。

太閤立志伝5攻略史

拝郷家嘉(はいごういえよし)なる浪人を発見して、1人GET。

人物情報【拝郷家嘉 ????~1583】
織田家臣。信長の命により柴田勝家の寄騎に付けられ、北陸方面の一向一揆制圧に活躍した。のち、加賀大聖寺城主に任じられている。本能寺の変後も柴田勝家に従い、羽柴秀吉と争った賤ヶ岳合戦で大敗を喫して討死を遂げた。

ここまで来たついでに、目加田によって、さよさんにプレゼント。

太閤立志伝5攻略史

7月11日、行商人を発見。追いかけていって大井川付近で捕捉。

太閤立志伝5攻略史

ということで、購入してみる。

その足で駿府城へ。

太閤立志伝5攻略史

今川義元亡きあとも、どうにか一族はご健在の様子。

8月1日:岡崎城。

太閤立志伝5攻略史

越後の長尾景虎、すなわち上杉謙信が、関東管領・上杉憲政から上杉家の家督と関東管領職を継承し、越後・関東の諸将を従えて鎌倉の鶴岡八幡宮で拝賀の儀式を行った一件。

それに先立つ北条氏討滅戦では、10万ともいわれる大軍で小田原城を包囲したものの、籠城策をとって決戦を避ける北条方に対してなすすべなく、戦果なく鎌倉に引き上げている。ただし、史実ではこれは3月16日の話。

8月21日、吉田に帰還する途中の瀬戸内海上で

太閤立志伝5攻略史

大殿とは毛利元就公のこと。その程度の用件で、わざわざ船上にまで忍んでこなくてもいいのに…。

8月22日、吉田郡山城に帰着して、主命達成の成果報告。

太閤立志伝5攻略史

拝郷家嘉のほかに、いつの間にかもう2名ばかり浪人を発見していたようだ。

行商人からの品を鑑定。

太閤立志伝5攻略史

武力のパラメータが6もUPするらしい。素晴らしい。さっそく装備。

9月1日、定例評定…の直前に忍びの報告。

太閤立志伝5攻略史

武田信玄による箕輪城攻めは、1561年から足かけ6年にわたって続けられたのだが、その間、武田軍の進軍路となった上野国下室田にある長年寺の僧侶が、武田軍の「濫妨(乱暴?)狼藉」から寺を守るために信玄から制札をもらい受けており、そのあたりの経緯を覚書をいう形で遺している。興味深い史料である。

さて、評定。

「軍備」の方針を打ち出した元就公に対し、またもや意見具申。

太閤立志伝5攻略史

けっこうもの分かりの良い元就公。

この意見具申、自分の主張を取り入れてもらえれば、勲功が40もプラスされるのは大きい。却下されたとしても、ペナルティを課せられることはないし。

ただ、むりやり「内政」の方針に変更させたものの、具体的な主命は…となると「修業」の必要はないので「兵糧売買」しかない。9月って、米の売買にはあまりよい季節ではないんだよね。でも、ま、稼げるうちに稼いでおこう。

太閤立志伝5攻略史

9月4日、姫路。

太閤立志伝5攻略史

9月5日、堺。

太閤立志伝5攻略史

米の相場操作のかたわら、南蛮商館で「聖書」と「オウム」(?)を購入。

|

« 第3話 米の売買で荒稼ぎ | トップページ | 第5話 速攻で婚礼 »

武士・天城大鷹【1-1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/28615501

この記事へのトラックバック一覧です: 第4話 意見具申で勲功稼ぎ:

« 第3話 米の売買で荒稼ぎ | トップページ | 第5話 速攻で婚礼 »