« 第8話 さよさん 拗ねる | トップページ | 第10話 足利義輝、暗殺さる »

第9話 月山富田城落城

8月23日、吉田に帰還。そこで忍びから、木下藤吉郎による墨俣一夜城の報。

「美濃攻めの橋頭堡を確保」というが、すでに稲葉山城を攻略したあとでは、あまり意味がないような気が…。

次は旅人から、織田-浅井同盟の情報。

太閤立志伝5攻略史

なんか織田がごちゃごちゃ動いているようだな。早いとこ、叩きのめしたいものだ。

8月24日、吉田で主命の成果報告。

太閤立志伝5攻略史

続いて自宅で、購入品の鑑定。

太閤立志伝5攻略史

9月1日の定例評定。またもやチグハグな方針を打ち出す元就公に対して、意見具申。

太閤立志伝5攻略史

今年3月に攻略したものの、いつの間にか尼子方に奪還されていた三刀屋城を再度奪いに行く。

太閤立志伝5攻略史

順調に大手門を破ったところで、敵の援軍来たるとの報。

太閤立志伝5攻略史

宇山久兼率いる援軍を難なく撃退し、城を奪取。おまけに、またしても戦功第一位。

太閤立志伝5攻略史

とにかく野戦では敵備えに、攻城戦では城門にとどめの一撃を加えるように立ち回れば、戦功第一位になるのはそれほど困難ではない。

予定どおり(?)、速攻で戦闘が終わったので、9月中旬から10月にかけて上方で善隣外交に従事し、10月26日に吉田帰着。そこで、斎藤家滅亡の報に接する。

太閤立志伝5攻略史

斎藤龍興は長良川を下った後、伊勢国長島に落ち延びたそうな。

11月1日の定例評定で、侍大将に昇進。足軽大将昇進から11ヶ月。

太閤立志伝5攻略史

ついでに、元就公の方針も「合戦」から「調略」に変更してもらう。ある程度、防備を弱体化させておかないと、月山富田城の攻略はしんどいはず。

で、選んだ主命は月山富田城の防衛設備の破壊。

太閤立志伝5攻略史

ただ、破壊を実行すると悪名が上がってしまうのが難点。勲功も上がるけど。

12月25日。主命の成果報告と、遅くなったけどさよさんへの昇進報告。

太閤立志伝5攻略史

太閤立志伝5攻略史

1562年1月1日、評定。いよいよ月山富田城攻略へGOサインが出た。

太閤立志伝5攻略史

月山富田城は、歴代の出雲国守護職の居城で、天然の地形を利用したその城塞は難攻不落と言われ、「天空の城」(ラピュタか?)とも呼ばれていたらしい。

太閤立志伝5攻略史

救援に来た鉢屋衆の老いぼれ軍団(総大将は太郎松とやら)を撃破。

太閤立志伝5攻略史

鉢屋衆(はちやしゅう)の始祖は、平将門の乱で反乱軍に加勢した飯母呂(いぼろ)一族。将門の死後、全国に離散したが、一族の多くは山陰へ逃れて鉢屋衆となった。鉢屋衆は尼子経久に迎えられ、奇襲やだまし討ちで功を立てている。

さて、月山富田城攻め。毛利方、圧倒的有利の状況で、尼子家臣の牛尾幸清が和議の使者として来訪。

太閤立志伝5攻略史

小早川隆景、あっさり却下。意外に冷淡ですな。

結局は…

太閤立志伝5攻略史

…とのことで、またしても戦功第一位。

|

« 第8話 さよさん 拗ねる | トップページ | 第10話 足利義輝、暗殺さる »

武士・天城大鷹【1-1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/28971030

この記事へのトラックバック一覧です: 第9話 月山富田城落城:

« 第8話 さよさん 拗ねる | トップページ | 第10話 足利義輝、暗殺さる »