« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

第13話 毛利隆元 急逝

10月30日、いつの間にやら、山中鹿介が毛利家臣に。

太閤立志伝5攻略史

「いったい何の用か」とは、ご挨拶だな。

1564年2月30日、衝撃の訃報。

太閤立志伝5攻略史

実を言うと、自分の中では予定に組み込まれていたのだが。

太閤立志伝5攻略史

ただし、大殿・元就公が存命中の話。亡き隆元殿にも義理があるし。

3月4日、フロイスさんが紹介状をくれた。

太閤立志伝5攻略史

3月13日、岐阜城下にて前田慶次と面会。このいでたち、どう見てもマトモじゃないな。

太閤立志伝5攻略史

明智光秀にもらった織田信長への紹介状を携えて…

太閤立志伝5攻略史

第六天魔王にしては応対はまともだ。そこで、望遠鏡をプレゼント。

岐阜から京への道中、ちょっと回り道して「琵琶湖」札をGET。

太閤立志伝5攻略史

4月7日、二条城で将軍・足利義昭に面会。

太閤立志伝5攻略史

続きを読む "第13話 毛利隆元 急逝"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

第12話 織田信長 上洛

5月1日の評定。またも主命は「兵糧売却」。時期が時期ですからね。

太閤立志伝5攻略史

5月20日、吉田に一時帰宅してみると、

太閤立志伝5攻略史

太閤立志伝5攻略史

このお方がさよさんのお父上とは知らんかった。祝言の席で顔を合わせているはずなんだが。

5月29日、忍びからの報告。織田信長軍団が三好家の二条城を攻め落としたとのこと。さらに6月9日。織田信長が足利義昭を奉じて上洛を果たしたとのこと。

太閤立志伝5攻略史

太閤立志伝5攻略史

当面はそうなるかもしれんけど…いずれ織田家は滅ぼすよ。

7月4日、京に赴いて菊亭晴季を訪ねる。

太閤立志伝5攻略史

毎度おなじみの正親町天皇。

太閤立志伝5攻略史

御所をあとにしたところで急に思い立ち、甲斐の躑躅ヶ崎館(武田信玄居館)へ。まず、武田勝頼に面会。

太閤立志伝5攻略史

有名な真田幸村の父・真田昌幸にも。

太閤立志伝5攻略史

おお、信玄殿。

太閤立志伝5攻略史

続きを読む "第12話 織田信長 上洛"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第11話 尼子氏滅亡

9月1日の評定。相変わらずとんちんかんな方針を打ち出す元就公に楯突きまくり、またもや強引に方針を変更させる(「内政」→「軍備」)。

で、主命は「徴兵」。吉田郡山城下で宣伝活動を行って…

太閤立志伝5攻略史

当時の吉田の人口は不明だが、どう見ても田舎ですからねぇ、2084人も集めるのは至難の技だったはず。

9月21日、忍びの報告。「足利義昭は朝倉を見限って織田に接近」とのこと。

史実では、足利義昭の朝倉家滞在は2年に及んだという。朝倉家では、すでに足利義満の次男・義嗣の子孫である足利嗣知もかかえているため、朝倉家当主・義景は、足利義昭を奉じて積極的に上洛する意思を示さなかった。

10月17日、三島の砦で初めて村上武吉に面会。

太閤立志伝5攻略史

人物情報【村上武吉 1533~1604】
能島村上水軍の頭領。義忠の子。瀬戸内海に独立勢力として威を誇る。厳島の合戦より毛利家の傘下に入ると、小早川隆景に属して毛利水軍の中核をなす。豊臣政権下でも、秀吉の誘いに応じることなく毛利家に尽くした。晩年、その兵法を「村上船戦要法」に書き残している。

11月1日、三星城(みつぼしじょう。岡山県美作市)攻略にGOサイン。

太閤立志伝5攻略史

野戦でまた老いぼれと一戦を交える。

太閤立志伝5攻略史

うるせー。太郎松か次郎松か知らんが、もはやジジイの出る幕じゃないわ。いい加減、引退しろ。それとも、こっちから引導を渡してやろうか。

で、城のほうは難なく攻略に成功。その結果…

太閤立志伝5攻略史

史実(永禄9(1566)年)より、3年も早い展開である。

尼子家当主・義久以下、倫久・秀久の三兄弟は安芸円妙寺(宮島口の近くにある延命寺?)に幽閉され、10数年にも及ぶ厳重な監視下での生活を余儀なくされたわけだが、ここでは尼子義久は行方不明に。山中鹿助を逃亡生活に入った模様。

11月19日、京。南蛮寺で寄付。

太閤立志伝5攻略史

12月1日、一乗谷城で朝倉義景に面会。

太閤立志伝5攻略史

この城のどこかに将軍・足利義昭が身を寄せているらしい。

12月6日、忍びからの報告によると、龍造寺家の佐嘉城が大友義鎮軍団に攻め落とされたとのこと。

12月11日、小谷城で浅井長政に面会。

太閤立志伝5攻略史

続きを読む "第11話 尼子氏滅亡"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第10話 足利義輝、暗殺さる

思いのほか、月山富田城攻略が早く終わったので、瀬戸内沿岸の諸勢力を回って善隣外交。

太閤立志伝5攻略史

…そうな。5年7ヶ月も早い展開である。

2月3日:岡山城。

太閤立志伝5攻略史

2月8日:天神山城 → 2月9日:置塩城 → 2月12日:石山本願寺 → 2月17日:雑賀城

太閤立志伝5攻略史

2月22日:湯築城。

3月2日、評定。

方針は、次の攻略目標である白鹿城に対する「調略」。主命はまたもや「破壊」。

3月3日、密かに白鹿城に赴き、淡々と破壊を実行。そのついでに、山陰-近畿-四国を回ってこよう。

3月23日:鳥取城 → 3月30日:宮津城 → 4月6日:二条城

この人、いつも体調悪そう。

太閤立志伝5攻略史

4月13日:堺。南蛮商館で十字架を購入。でも、改宗したわけではない。

4月18日:湯築城 → 4月23日:三島の砦。美女海賊・鶴さんと邂逅。

太閤立志伝5攻略史

4月26日、吉田に帰着。主命の成果報告。

5月1日、定例評定前に忍びから驚愕の報告。

将軍・足利義輝公、弑逆

太閤立志伝5攻略史

史実では、1565年5月なので3年も後のこと。さらに、画像では夜を思わせる情景だが、実際は午前中の襲撃だった模様。それにしても、三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)と松永久秀ってよいイメージがない。

さて、毛利氏はさらに尼子氏を追い詰める。月山富田城落城後、尼子氏の居城となっている白鹿城(島根県松江市)攻略。

太閤立志伝5攻略史

太閤立志伝5攻略史

もはや、当たり前のようになってきた戦功第一位。

続きを読む "第10話 足利義輝、暗殺さる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »