« 第17話 大友家滅亡 | トップページ | 第19話 天城家 独立宣言(=謀反) »

第18話 毛利元就 死去

さて、島津攻めを継続するにあたり、ちょっと禁じ手を使ってみた。

県城攻撃の直前に内城下に出向き、島津義久・義弘兄弟を且山城のわが茶室にお誘い。招待を受けた二人は、主・天城大鷹より一足先に且山城に赴き、勝手に茶室に入る。

本来ならば、主も遅滞なく帰参して茶会を催し、お客をもてなすのがスジだが、ここはスジも何もさておき、客二人を放置したまま県城に向けて出撃。その間、客はひたすら主の帰りを待ち続けることになる。

9月19日、島津兄弟が不在のまま、いとも簡単に県城(宮崎県延岡市)攻略。

太閤立志伝5攻略史

おそらく島津側では二人の不在について、物議が巻き起こっていただろうと思う。

で、且山城に帰還して茶室に行くと…

太閤立志伝5攻略史

太閤立志伝5攻略史

いやぁ、お待たせお待たせ。待ちぼうけを食わせたこともさることながら、二人を茶室に放置(監禁)した上で、盗人のように県城を奪ったことが誠に申し訳ないのだが、それは言うまい。

恐るべし「天城牢」

でも、これってやっぱりチートですよねぇ。

日付不明だが…

太閤立志伝5攻略史

太閤立志伝5攻略史

人物情報【蠣崎慶広 1549~1616】
蠣崎家五代当主。季広の三男。幼名は天才丸。姉妹を津軽・秋田の有力豪族に嫁がせて勢力基盤を固めるとともに、豊臣秀吉に謁して蝦夷地における交易権を獲得、安東家からの独立を果たす。のち徳川家康に家系図を献上し、松平と前田から一字ずつもらい、姓を「松前」と改めた。

ここしばらく、勲功稼ぎのために島津との小競り合いを続けているわけだが、どういうわけか大殿・元就は積極的攻勢に出ようとしない。主家の方針が島津攻略と明確になれば、こちらの動きも違ってくるのだが、大殿を問い質しても…

太閤立志伝5攻略史

「このまま延々と守勢を継続していくおつもりですか?」

「…」

ってな具合で、まったく張り合いのないことおびただしい。史実における晩年の元就公の心情を忠実に再現しているのかもしれないけど。

さらに、後継者と目されているこの人を訪ねても…

太閤立志伝5攻略史

のん気なものだ。このままじゃ、毛利家は凋落の一途である。

1569年1月の評定では…

太閤立志伝5攻略史

それは大変ありがたいんですが…忠誠のモチベーションを高めるような方針を打ち出してくれよ。

それでもやっぱり…

太閤立志伝5攻略史

ダメだ、こりゃ。大内義隆に叛旗を翻した陶晴賢の心情が何となくわかるような気がする。

こうして2年の月日が流れ去った。その間には、こんなできごとが…

太閤立志伝5攻略史

太閤立志伝5攻略史

太閤立志伝5攻略史

そして、1571年3月30日。

太閤立志伝5攻略史

ついに来るべき時がキタ~ 取るものもとりあえず吉田へ。

太閤立志伝5攻略史

太閤立志伝5攻略史

史実よりも4ヶ月ほど早い死去でした。合掌。

|

« 第17話 大友家滅亡 | トップページ | 第19話 天城家 独立宣言(=謀反) »

武士・天城大鷹【1-2】」カテゴリの記事

コメント

元就殿が危篤ですかweep
しかしここから天城家の天下への道が始まるのですかhappy01
頑張ってくださいhappy02

投稿: 卂Ω | 2009年6月26日 (金) 21時37分

> 忍び さん

立花道雪(=戸次鑑連)さんですか。はい、もちろん配下に加わっていただいています。
なるほど、物品要求ですか。そういえば、やったことないなあ。
攻城戦ひとつ取っても、いろいろな選択のバリエーションが楽しめるのが、本作の特徴ですよね。
とはいえ、レポートに先立つプレイでは実はすでに天下統一しちゃっているので、次回シリーズで試してみよう。

> 卂Ω さん

はい。ご推察のとおり、元就から輝元への代替わりを機に毛利家を見捨てるつもりです。というか、実際はすでに叛旗を翻して、その領土を蚕食中です。天下統一の日も近し…

投稿: (GEN)2 | 2009年6月27日 (土) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/29986917

この記事へのトラックバック一覧です: 第18話 毛利元就 死去:

« 第17話 大友家滅亡 | トップページ | 第19話 天城家 独立宣言(=謀反) »