« 第1話 剣豪(の卵)登場 | トップページ | 第3話 医術・算術の修業 »

第2話 武芸を極めて仇討ちで稼ぐ

5月3日、倉敷帰着。座で仕事の結果報告。

Syo0055

矢継ぎばやに次の仕事は…

Syo0056

温泉津へ向かう途中で、尾道の大西屋に立ち寄り具足を購入。

Syo0059

これで一応武具は揃った。

5月6日、中国地方を横断して山陰・ 温泉津 到着。

Syo0062

仕事をすませて、倉敷にとんぼ返り(5月8日帰着)。次は…

Syo0065

今回のプレイで初めて 京都 に(5月12日到着)。

Syo0067

本因坊算砂(囲碁の棋士)に「方丈記」(鴨長明著)を手渡しして、そのお住まいを辞去した直後、興味深い人物が京都に住んでいることが判明。毛利氏に滅ぼされた尼子氏の残党・ 尼子勝久山中鹿介 である。

Syo0072

試みに山中鹿介を訪ねたところ、留守だった。

戦国大名としての尼子氏は1566年11月26日の月山富田城落城で滅亡したとされているが、その後も遺臣である山中鹿介や立原久綱らは、新宮党の系譜を引く尼子勝久を擁立して各地で抵抗を続けている。1575年といえば、第一次尼子再興戦で一時的な成功を収めたものの、布部山の戦いで毛利軍に敗れ、新山城を追われて京都に逼塞していた頃。確かに史実どおりだ。

医師・ 曲直瀬(まなせ)道三 を訪ねて、薬を購入。

Syo0076

人物情報【曲直瀬道三 1507~1595】
医師。名は正盛。近世医学の祖。田代三喜斎に師事して医術を修得し、京都で医療に専念した。のちに医学校を創設。数百名の門弟を擁し、その名声により朝廷や足利将軍家、織田信長や毛利元就ら諸大名に厚遇されている。茶道にも通じていた。著書に「啓迪集」がある。

Syo0077

風邪薬といいながら、もちろん風邪以外にも効能を発揮します。

5月17日、倉敷帰着。報酬50貫を受け取って、所持金は98貫400文。武具もひと通り揃ったところで、そろそろ武芸の上達に努めますかな。

さっそく町の道場を訪れて…

Syo0082

5月23日から7月30日までの2ヶ月ちょっとの間、繰り返し修業に励んだ結果…

Syo0088

秘技を修得。

Syo0087

さらにお褒めの言葉もいただいた。

Syo0089

ふところがかなり寂しくなってきたので、せっかく上達した武芸を使って少々ヤバい仕事で稼ぐとしよう。まずは手始めに 仇討ち を選択。

Syo0096

依頼人はこの方。

Syo0097

あれ、天城大鷹殿の奥方・さよさん ではないの。えっ、別人? いや~よく似た人もいるもんだ。

それはともかく仇討ちである。8月4日に倉敷を発って、8月7日には堺に到着。そのまま利三郎宅へ。

Syo0102

「剣翔鷹と申す。仇討ちの助っ人に参った。いざ覚悟…」

Syo0103

Syo0106

…ということで、仇討ちは成功

【史実のできごと】
5月21日:無敵の武田騎馬隊、長篠で壊滅的敗北。勝頼の主張で突撃するが、織田・徳川軍の鉄砲で死者1万人以上を出す。
5月28日:猛将・立花道雪、7歳の娘に家督を譲る。女城主・誾千代(ぎんちよ)が誕生。
7月16日:長宗我部元親、土佐を統一。一条兼定は渡川で敗れて逃亡。
(参考「クロニック戦国全史」)

★その他の「太閤立志伝5」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第1話 剣豪(の卵)登場 | トップページ | 第3話 医術・算術の修業 »

剣豪・剣翔鷹【1-1】」カテゴリの記事

コメント

小田原に住んでいる、足利さんを辻斬りで村雨?
ゲットです。  かなり役に立ちますよ。

投稿: 通りすがりの人 | 2009年8月 1日 (土) 11時04分

> 通りすがりの人 さん

コメントありがとうございます。

「村雨」って、武力+15の刀剣ですね。
今回は鍛冶屋で武力+20のアイテム製作に挑戦してみようと思っています。
途中で挫折したら、足利殿を襲ってみようかなcoldsweats01

投稿: (GEN)2 | 2009年8月 1日 (土) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/30362300

この記事へのトラックバック一覧です: 第2話 武芸を極めて仇討ちで稼ぐ:

« 第1話 剣豪(の卵)登場 | トップページ | 第3話 医術・算術の修業 »