« 第4話 毛利家に一時的仕官 | トップページ | 第6話 剣士の称号 »

第5話 鍛冶場 開設

1577(天正5)年1月1日、ようやく巡ってきた 兵糧購入 の主命。

Syo0263

これまでに鍛えた算術と弁舌の技能を駆使して、3000貫の元手を12000貫以上に増やした。でも、肝心の兵糧はまったく購入せず。米のご飯は好きだが、兵糧米なんて必要なし。

吉田郡山城の備大将からの報。

Syo0249

織田信長、むちゃくちゃやな~。本能寺で志半ばにして非業の最期を遂げるのも、仕方あるまい。

2月21日、吉田に帰って…

Syo0277

Syo0278

はいはい。

Syo0279

Syo0280

くっそ~輝元の野郎、そういうところにだけは細かく目を光らせおって。

ふてくされて旅に出た。

3月8日、岐阜入り。「備前伝」札を元に鍛冶屋で1日だけ作業を手伝い、「美濃伝」をGET。

Syo1501

同様に3月12日には小田原で「相州伝」をGET。

Syo1502

3月23日、吉田に帰還して自宅に鍛冶場を開設。

Syo0299

炭薪を10個いただいた。

Syo0300

「おじちゃん」 だと!? 風貌はともかく17歳の少年に向かって「おじちゃん」とはどういうことじゃ。が、内心の怒りは押し隠して…

Syo0302

後々、何かでトクがあるやもしれん。

さっそく鉄製造から開始。

Syo0305

いわゆる 「たたら製鉄」 と呼ばれる製法。映画「もののけ姫」の中で描かれていましたな。なにやら大がかりな設備が必要な様子でしたが、一介の町の鍛冶屋に可能なんだろうか。

というか、そもそも「たたら場で作った鉄を各地の鍛冶屋が買って刀剣または鉄砲作りに使う」という構図だろうから、鍛冶屋が自ら製鉄する必要はないんじゃないかな。どうなんでしょう?

それはともかく、続いて刀を作ってみる。

Syo0307

3月28日から1ヶ月間鍛冶場にこもって…できた。

Syo0308

「紫雲」と銘を刻んだ。同時に「職人」札を入手。

Syo1509

さて、せっせと作りまくろう…と思ったが、炭薪も鉄もないので、まずは座で炭薪を購入。

Syo0312

商人以外の人間が座で物品を売買すると、手数料を取られる。せこい。

次に、鉄製造のための砂金は、やはりここで採集。

Syo0320

奥出雲といえば、1976(昭和51)年に財団法人・日本美術刀剣保存協会が島根県奥出雲町に「日刀保たたら」を建設し、現在も冬季に操業して各地の刀匠に玉鋼を提供しているそうな。

途中、鬱陶しい奴らにからまれた。

Syo0315

こんなクソども、全員瞬殺!…といきたいところだが、そこまで強力な秘技はまだ修得していない。

Syo0317

仕方がない。一人ひとり斬り捨てて…

Syo0318

あたりまえだ。バカどもめ。

【史実のできごと】
2月13日:信長が本願寺を援助する雑賀衆を討つ。武装した船を有し、鉄砲でも名を馳せた集団もついに降伏。
2月23日:織田信長が居城を岐阜城から安土城に移す。

★その他の「太閤立志伝5」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第4話 毛利家に一時的仕官 | トップページ | 第6話 剣士の称号 »

剣豪・剣翔鷹【1-1】」カテゴリの記事

コメント

とうとう鍛冶場開いたんですね!
良武器作って秘技集めってところでしょうか?

上泉信綱が生きているなら彼の弟子になって転を覚えてみてはいかがでしょうか?
雑魚なんて一瞬ですよ!

武力高いので苦戦するかもしれませんが・・・

投稿: 忍び | 2009年8月17日 (月) 23時29分

> 良武器作って秘技集めってところでしょうか?

はい。その通りです。

上泉信綱、確か厩橋在住でしたよね。

行ってみたけどいない…。ということは、すでにお亡くなりになったんでしょうかねcoldsweats01

投稿: (GEN)2 | 2009年8月18日 (火) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/30700789

この記事へのトラックバック一覧です: 第5話 鍛冶場 開設:

« 第4話 毛利家に一時的仕官 | トップページ | 第6話 剣士の称号 »