« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

第8話 鍛冶修業の旅

Syo0559

別に用はない。偶然、出くわしただけ。そんなに目の仇にしなくてもいいと思うのだが…国司元相、案外狭量だな。

厳島の酒場で。

Syo0561

断ると何やら面倒なことになりそうな気がするので、ここは素直に「語り合う」を選択。何か有益な情報を入手できるかもしれないし。しかし…

Syo0564

時間の無駄だった。まあ、酔っ払いの戯言だから仕方ないが。

さて、当面は鍛冶の道を究めるために…

Syo0569

1578年12月11日、長船到着。そこから半年ほど、ひたすら刀剣製作に励んだのだが、どうも…

Syo0585

思い立ったが吉日。1579年6月16日、さっそく旅支度を整えて、長船を出立。

6月27日に鹿児島到着。八板金兵衛のもとを訪れる。

Syo0586

人物情報【八板金兵衛 1502~1570
鉄砲鍛冶。名は清定。初め刀工であったが、種子島時尭の命により鉄砲の製造に着手する。数ヶ月を費やしてポルトガル製鉄砲の複製品を完成させたが暴発して失敗。娘をポルトガル人に嫁がせて、ようやく部品の製造技術を修得し、初の国産鉄砲の製造に成功した。

7月12日、今度は近江国・長浜へ。国友善兵衛宅。

Syo0602

人物情報【国友善兵衛 ????~????
近江国友村の鉄砲鍛冶。国友村で最初に鉄砲を製作した鍛冶職人の一人。将軍・足利義晴が管領・細川晴元を通じて命じたとされる。のち、織田信長が鉄砲を本格的に運用するに至り、国友村は鉄砲の一大産地に成長。全国に名を馳せることとなった。

続きを読む "第8話 鍛冶修業の旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7話 さらば毛利家

1578(天正6)年1月1日、評定。輝元は石山本願寺への援軍派遣を決定。

その間に刀を作ったり…

Syo0430

芝辻清右衛門の下働きで硝石を購入したり…

Syo0435

その甲斐あって…

Syo1513

2月26日、吉田に帰還。

しばらくは、雑賀と吉田を往復しながら鍛冶仕事に精を出す。

しかし…思うような逸品(価値4以上)を作ることができませんな。

Syo0470

こういうことにもなる。

やっぱり、鍛冶関係の札で「大和伝」と「山城伝」を入手しないと無理か。ただ、「大和伝」はともかく「山城伝」は鉄砲の天覧試合で四位以内に入らないといけないので、難しい。

1578(天正6)年6月6日、雑賀で出会った浪人から耳寄りな情報。

Syo0476

出場を勧められたが…ちょっと時期尚早だわ。

1578(天正6)年8月21日。芝辻清右衛門から鉄砲製作の技術を会得。

Syo1565

鍛冶屋関係の所持札が増えたので、価値の高いものが作れるようになるかな(期待)。

続きを読む "第7話 さらば毛利家"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6話 剣士の称号

暇を見つけて、ひたすら刀を製作。

6月19日、「熟練工」札を入手。

Syo1510

Syo0323

鉄砲の製作については雑賀の鍛冶屋で教えを請うことにしよう。

それにしても、このシリーズではよく賊にからまれる。雑賀への道中も…

Syo0334

Syo0335

バカの一つ覚えみたいに同じセリフばっか。たまには気の利いた脅し文句でも使ってみろよ。

金で話をつけるなんて性分に合わんので、面倒だがいちいちお遊びに付き合ってやる。

7月15日、雑賀の芝辻清右衛門宅へ。

Syo0339

人物情報【芝辻清右衛門 ????~????】
鉄砲鍛冶。仙斎ともいう。根来の刀工であったが、種子島に伝来した2挺の鉄砲のうち1挺を入手した津田監物にその複製を命じられて、紀州第1号の鉄砲を製造した。その後は堺に移住し、堺は一大鉄砲生産地となった。

…とあるように、芝辻清右衛門はもともと根来の人で、雑賀とは直接関係はない。

それはともかく、清右衛門さんのもとで硝石購入の下働きを請け負う。

堺の南蛮商館で。

Syo0342

Syo0343

雑賀の町の宿に滞在し、腰を据えて芝辻清右衛門の仕事の手伝い。

Syo0346

またからまれた。

Syo0348

…この見るからにむさっくるしいヤツ。ホンマに腹立つわ。

怒りにまかせて斬り捨て、叩き伏せた結果…

Syo1507

剣士の称号をGET。

続きを読む "第6話 剣士の称号"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第5話 鍛冶場 開設

1577(天正5)年1月1日、ようやく巡ってきた 兵糧購入 の主命。

Syo0263

これまでに鍛えた算術と弁舌の技能を駆使して、3000貫の元手を12000貫以上に増やした。でも、肝心の兵糧はまったく購入せず。米のご飯は好きだが、兵糧米なんて必要なし。

吉田郡山城の備大将からの報。

Syo0249

織田信長、むちゃくちゃやな~。本能寺で志半ばにして非業の最期を遂げるのも、仕方あるまい。

2月21日、吉田に帰って…

Syo0277

Syo0278

はいはい。

Syo0279

Syo0280

くっそ~輝元の野郎、そういうところにだけは細かく目を光らせおって。

ふてくされて旅に出た。

3月8日、岐阜入り。「備前伝」札を元に鍛冶屋で1日だけ作業を手伝い、「美濃伝」をGET。

Syo1501

同様に3月12日には小田原で「相州伝」をGET。

Syo1502

3月23日、吉田に帰還して自宅に鍛冶場を開設。

Syo0299

炭薪を10個いただいた。

Syo0300

「おじちゃん」 だと!? 風貌はともかく17歳の少年に向かって「おじちゃん」とはどういうことじゃ。が、内心の怒りは押し隠して…

Syo0302

後々、何かでトクがあるやもしれん。

続きを読む "第5話 鍛冶場 開設"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第4話 毛利家に一時的仕官

さて、ここから先は、しばらく 鍛冶屋武士 の二足の草鞋を履いて生きることにする。

1576(天正4)年4月14日、備前・ 長船 入り。武器製作のための鍛冶場を作る目的で、鍛冶屋で鍛冶仕事の基本を修得する。

長船(おさふね。現在の岡山県瀬戸内市長船町)は古来より刀の生産地として有名で、往年の国民的人気時代劇「水戸黄門」でも取り上げられたことがあるらしい。一度も行ったことはないが「備前おさふね 刀剣の里」として観光地化され、刀剣博物館なるものもあるようだ(備前長船刀剣博物館)。地図で確認すると、岡山から赤穂線で七番目の駅。

Syo0180

まず、砂鉄採集の下働きを申し出て、札をGET。

砂鉄といえば、やはり中国山地、特に奥出雲だろう。

Syo0183

砂鉄採集中の後ろ姿。

Syo0184

5月1日、長船に戻って

Syo0189

5月3日、毛利家の吉田郡山城に出向いて仕官対象の人物を探す。

仕官の目的は以下の3点にある。

1:主命「兵糧購入・売却」による資金稼ぎ
2:技能師事による弁舌技能習得
3:「鉄穴流し」の技能修得

3番目の「鉄穴流し」は、鉱山技能が優秀な武将と親密になることによって、イベントが発生するらしい。

ついでに、今シリーズの開始地を倉敷にした理由は以下のとおり。

1:道場がある
2:砂鉄の産地(奥出雲)が比較的近い
3:鍛冶屋のある長船に近い
4:商家のある尾道に近い
5:大大名・毛利家(一時的仕官先)の本拠に近い

なるほど納得という感じだ。

で、吉田郡山城の武家屋敷を訪れた結果、この人が適格かと。

Syo0195

さっそく…

Syo0196

しかし…

Syo0197

それならば…と手合わせを申し込んで親密度を上げたのち、再度仕官をお願いすると…

Syo0204

よし。

続きを読む "第4話 毛利家に一時的仕官"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3話 医術・算術の修業

堺に来たついでに、京都まで足を伸ばして医術の修業。医術の能力は立ち回り(つまり個人戦)で必要になるので、剣の道に生きる者としては不可欠の技能である。

8月9日から19日までの修業で…

Syo0110

8月19日から9月4日までで…

Syo0112

秘技 「傷薬」 を獲得。

Syo1416

9月27日、倉敷に帰着。そこでばったり出会った市川経好から耳寄りな情報。

Syo0115

「呉子の秘奥義」。まだ見たことはないが、噂によると智謀の能力が上昇するらしい。

んで、仕事の成果報告。次の仕事は…もう一丁、仇討ちいこう。

Syo0118

自宅休養で体力回復。目加田での仇討ち支援に向けて、尾道を発とうとした矢先の10月8日、手取川の戦いの報に接する。

Syo0127

…謙信上洛の報せを受けた織田信長は、北陸攻略を委ねていた重臣・柴田勝家を上杉軍迎撃の総大将に任じた。用心深い信長は、さらに羽柴秀吉を勝家の援軍として越前へ向かわせたが、勝家と秀吉は上杉軍迎撃策で意見が対立。

勝家は総勢3万を率いて越前北ノ庄を出陣、加賀手取川を渡り陣を張ったところへ、北陸道を西上してきた上杉軍2万が到着。川を背にする不利を悟った勝家軍が夜陰にまぎれて渡河し始めたところを上杉軍が背後から猛然と襲いかかった。手取川は折からの大雨で増水しており、前後に逃げ場を失った勝家軍は大敗。

しかし、関東の情勢も気になる謙信は深追いせず、再征を期して春日山へ凱旋した。世にいう「手取川の戦い」である。

史実では天正5(1577)年9月23日のできごとなので、約2年早いことになる。

10月12日、目加田に到着。

Syo0135

そのまま目指す仇・亀太郎宅へ。

Syo0137

だからぁ、仇討ちの助っ人 だって。で、立ち回りの結果…

Syo0141

まあ、そう言うなよ。命あっての物種だ。

続きを読む "第3話 医術・算術の修業"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »