« 第13話 鍛冶屋エンディング | トップページ | 第15話 剣翔流道場 開く »

第14話 剣翔流 誕生

さて、鍛冶屋エンディングの直前。名刀「秋月」を帝に献上するため、菊亭さんとこへ取次ぎのお願いに伺う前から、歴史は分岐します。

1583年6月9日。

Syo0994

Syo1699

Syo0996

そうか。じゃ、そういうことにしておこう。武力+20の刀はあきらめます。さすがにしんどくなってきた。

1583年7月19日。新陰流以外の秘技を修得するため、武力+17の神刀「極光」を携えて薩摩へ。目指す相手は、示顕流の創始者・東郷重位。

Syo1016

鹿屋の町の酒場で発見。ここはひとつ…

Syo1019

Syo1021

東西どこへ行っても、みんな同じ台詞だな。

それはいいが、東郷さん、どこにお住まいなのか聞いていなかった。というか、ゲームシステム上そんなこと質問できないので、とにかく周辺を探し回り…大隈高山城下に居を構えていることを突き止めた。

さっそく、茶をふるまって親睦を深めたあとで…

Syo1028

あっさり…

Syo1029

これを数回繰り返すと…

Syo1037

もちろん承諾。

Syo1040

言葉遣い、思いっきり変わるし。

Syo1042

Syo1044

倒した。

Syo1750

1583年8月21日、奈良に帰還。

Syo1049

知らんよ、そんなの。

Syo1053

拙者には何の関わりもないこと。

ところで、新陰流の印可はもらったことだし、特にこれ以上、奈良に住む理由がないな。されば、京の都で道場を開くことにしよう。

Syo1072

次いで…

Syo1065

流派の名前は…

Syo1003

Syo1068

★他の「太閤立志伝5」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第13話 鍛冶屋エンディング | トップページ | 第15話 剣翔流道場 開く »

剣豪・剣翔鷹【1-2】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/31556935

この記事へのトラックバック一覧です: 第14話 剣翔流 誕生:

« 第13話 鍛冶屋エンディング | トップページ | 第15話 剣翔流道場 開く »