« 第14話 剣翔流 誕生 | トップページ | 第16話 新弟子募集 »

第15話 剣翔流道場 開く

1583年8月23日。鍛冶屋からは足を洗うため…

Syo1074

次いで道場を開く。

Syo1078

Syo1081

さっそく道場に入ってみよう。

Syo1082

おぬし、誰だ? 弟子にしたことも雇用した記憶もないのだが、勝手に師範代を名乗っておるではないか。

現在の規模はこんなところ。

Syo1086

早くも門弟の数が100人を突破している。剣翔流の名声は広くいきわたっているようだ。

1583年9月12日。木更津に御子神典膳を訪ね、示顕流と並行して一刀流の秘技も修得。

Syo1090

Syo1091

Syo1099

こんな具合で、以後しばらくは剣の秘技修得と弟子勧誘に注力する。合間に、道場に戻って門弟に稽古をつけてやったり、道場の増築を行ったりして、道場の維持・拡大にも努めるべし。

Syo1102

えっ、どんな?

Syo1103

なんだ、清洲会議のことじゃないか。ま、羽柴や柴田がどーなろーが知ったこっちゃないぜ。

1583年10月4日。

Syo1117

道場破り、登場。確かこの男…どっかの酒場で、剣の流派についてくどくどクダを巻いていた野郎じゃなかったか。

Syo1121

はいはい。

Syo1123

Syo1124

逃げた。根性なしめ。

Syo1131

1583年11月17日、平戸にて。

Syo1170

人物情報【成松信勝 ????~1584】
龍造寺家臣。龍造寺四天王の一人。隆信に側近として仕えた。今山合戦では大友軍総大将を討つ功を立て、隆信から感状をもらう。沖田畷合戦には軍奉行として従い、隆信戦死を聞くと敵陣に突入し戦死した。

12月5日、博多にて。

Syo1212

人物情報【大石智久 ????~????】
対馬宗家臣。朝鮮出兵の折に、平壌城で窮地に陥った際に、単身櫓に登って退路を見い出したという。また、弟とともに虎と格闘して退治したという伝説も残っている。帰国後に勲功を賞され対馬佐護郡代に任じられた。

★他の「太閤立志伝5」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第14話 剣翔流 誕生 | トップページ | 第16話 新弟子募集 »

剣豪・剣翔鷹【1-2】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/31707030

この記事へのトラックバック一覧です: 第15話 剣翔流道場 開く:

« 第14話 剣翔流 誕生 | トップページ | 第16話 新弟子募集 »