« 第2話 本能寺の変 発生 | トップページ | 第4話 対安東戦 開始 »

第3話 対安東戦 準備

★1583(天正11)年4月1日

一旦、尾浦城に帰還。行商人からの購入品を鑑定したところ…

Tai0141

Amagi 天城大鷹

「…忍者衆への贈答に使おう」

4月10日:会津 → 4月13日:輪島 → 4月17日:出石

★1583(天正11)年4月18日

出石から津山への移動中に…

Tai1124

4月19日:津山 → 4月20日:長船 → 4月22日:雑賀

米転がしの合間をぬって、雑賀の芝辻清右衛門や長浜の国友善兵衛のもとで鉄砲購入。

4月24日:長浜 → 4月26日:岐阜 → 4月28日:長船 → 4月30日:雑賀 → 5月4日:鳥取 → 5月6日:温泉津 → 5月9日:小倉 → 5月11日:今治

★1583(天正11)年5月15日

浜松にて、有名なこの人と邂逅。

Tai0171

人物情報【服部半蔵 1542~1596】
徳川家臣。半三保長の子。名は正成。徳川十六将の一人。伊賀服部家の一族で、徳川家の伊賀組頭領。伊賀忍者を率いて数々の戦功をあげ、「鬼の半蔵」の異名を取った。本能寺の変の際には、堺を遊覧していた家康を護衛して伊賀を越えさせ、無事に国元へと帰還させた。

5月17日:甲府 → 5月23日:会津

★1583(天正11)年5月26日

約2ヶ月ぶりに尾浦城帰還。行商人からの購入物鑑定

Tai0177

説明書きにあるとおり、「本能寺の変で焼失した」はずの「松嶋の壺」。この茶壺の存在を知っていた誰か(信長の側近?)がどさくさに紛れて秘かに持ち出したのだろう。

いずれにせよ、ラッキー。茶席用の茶器はこれで十分だ。

★1583(天正11)年6月18日

「名宰相」札をGET。内政の経験が豊富になると入手できるらしい。

Tai1238

★1583(天正11)年7月25日

米沢城にて独眼龍・伊達政宗と対面。

Tai0220

この能力・技能の高さはさすが。いずれ、ぜひ我が配下に加えたいところだ。

★1583(天正11)年9月13日

Tai0234

今回、有馬晴信とはまだ接触していないので「人物情報」はないのだが、調べたところによると、この有馬晴信という男、日和見というかええとこ付きというか…家督相続後はしばらく龍造寺についていたが、島津に寝返り、豊臣秀吉による九州征伐が始まると島津と縁を切って豊臣に加わり、関ヶ原で西軍が負けると東軍に転向し…と節操のないこと甚だしい。しかも、これでキリシタンというから聞いて呆れる。

最後は詐欺事件に巻き込まれて命を落とすことになるが…仕方ないよね。

★1583(天正11)年9月

Amagi 天城大鷹

「半年かけて軍資金を約10倍にしたぞ」

Kenmochi 剣持翔鷹

「さすが大殿。米の転売を利用した蓄財にかけては豪語なさるだけありますな」

Amagi 天城大鷹

「兵員の召集や軍需物資の備蓄状況はどうだ?」

Hadori 羽鳥能高

「このような具合です」

Tai1101

Amagi 天城大鷹

「何とか行けそうだな」

Yamato 大和武蔵

「行けますよ」

Amagi 天城大鷹

「では、どこに行くか?」

Yamato 大和武蔵

「こちらがよろしいんじゃないでしょうか」

Tai0296

Hadori 羽鳥能高

「拙者も同感でごさいまする。まず日本海側の安東氏を叩き、続いて太平洋側の南部氏を制してしまえば、あとは後背を気にすることなく南進に専念できます」

Tsubaki 椿桜花

「間に挟まっている津軽・小野寺といった小勢力はいかがいたしましょう?」

Amagi 天城大鷹

「わが陣営に引き込んでしまおう。それが難しいようなら、安東・南部と一緒に片付ける」

最初のターゲットに設定された安東家。当主はこの人。

Tai0216

人物情報によると、そこそこ有能な武将だったらしいが、風貌的には…どうも…

Amagi 天城大鷹

「真正面からぶつかっても勝利は堅いところだが、わしのモットーは『孫子の兵法』に倣って『戦わずして勝つ』だ。戦う以前にできるだけ勝利の状況を作り上げておきたい」

Kenmochi 剣持翔鷹

「すなわち…調略ですな」

Yamato 大和武蔵

「安東家の重臣は2名。安東高季と浅利勝頼です。調略で落とし易いのは浅利でしょうな」

Tai0250

Tsubaki 椿桜花

「浅利は安東と結託して、仲の悪かった兄を自害に追い込み、当主の座を奪った前科がありますからね。しかも、史実では1582(天正10)年、つまり昨年ですが、その安東によって宴席で謀殺されています。この世界では何故か生きながらえているわけですが、そこそこの餌を与えれば容易に安東を離反するでしょう」

Amagi 天城大鷹

「よし、それではわしが直接口説き落としてくるとしよう」

★他の「太閤立志伝5」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第2話 本能寺の変 発生 | トップページ | 第4話 対安東戦 開始 »

武士・天城大鷹【2-1】」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

今回の日記は「対安東戦準備」
という題名のとうり戦のための軍備の確認等でしたね。

これで安東家の軍備状況も知りたいなと、少し思いました。

次からもがんばって下さい。

PS
今PSPで「商人プレイ」&「医者プレイ」を
しています。
「医者」→「南方 仁」(新武将)
「商人」→「松平元康」

「医者」の方は順調にいっていますが、
中々「商人」の方が商人司になれなくて
「悪戦苦闘」しています。

投稿: 袁紹 | 2009年12月 7日 (月) 16時49分

安東家の軍備状況は次回記事で紹介しましょう。

豪商・松平元康なんて面白そうですね。
ただ、根っからの武断派なんで平和プレイは性に合わず、
今後も手を染める可能性はあまりありませんbearing
袁紹さんのプレイレポートを公開してもらえれば、
少しは食指が動くかも。

投稿: (GEN)2 | 2009年12月 8日 (火) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/30686757

この記事へのトラックバック一覧です: 第3話 対安東戦 準備:

« 第2話 本能寺の変 発生 | トップページ | 第4話 対安東戦 開始 »