« 第4話 対安東戦 開始 | トップページ | 第6話 浅利勝頼(事実上)追放 »

第5話 角館城攻略

まずは、先日コメントいただいた袁紹さんのリクエストに応じて、安東家の内情を。

Tai0000

★1583(天正11)年11月3日

Tai0888

Amagi 天城大鷹

「なに! 結局、自刃か」

Hadori 羽鳥能高

「織田信雄の助命工作を秀吉が反故にしたんでしょう。さすが、秀吉というか…」

Yamato 大和武蔵

「面子を潰された織田信雄が、このまま黙って引き下がるとは思えませんな」

柴田勝家に呼応して2度にわたって反秀吉の兵をあげた織田信孝(信長の三男)が、羽柴秀吉の命令で尾張内海の野間の大御堂寺で切腹させられた。信孝は、辞世で「昔より主をうつみの野間なれば むくいを待てや羽柴筑前」と秀吉への恨みをうたった。
(「クロニック戦国全史」より)

ちなみに、イエズス会宣教師のルイス・フロイスは、信孝を「前途有望な青年」と評したとか。

Tsubaki 椿桜花

「やはり、織田信雄が動きました」

Tai0896

小牧および長久手の地で羽柴秀吉・徳川家康両雄は激突した。緒戦に敗れた秀吉ではあったが、たちまち外交戦で家康を追いつめ、両者は膠着状態に陥り、まもなく休戦した。この戦いで羽柴・徳川双方とも、お互いを敵とする愚を悟ったのである。
やがて、両者の間で和睦の機運が高まっていった…

★1583(天正11)年11月4日

Yamato 大和武蔵

「秀吉と家康の間で和解が成立しました」

Tsubaki 椿桜花

「家康は、次男・秀康を秀吉の養子として大坂に送った模様です」

Amagi 天城大鷹

「事実上の人質というわけか…まあ、せいぜい猿芝居に興じているがいい」

★1583(天正11)年11月6日

安東攻めと並行して、当面ケンカする気のない勢力とは親睦を深めておく。

大浦城に津軽為信を訪ねて善隣外交。

Tai0914

★1583(天正11)年11月7日

三戸城に南部信直を訪ねて善隣外交。

Tai0919

★1583(天正11)年11月11日

九戸城に九戸政実を訪ねて善隣外交。

Tai0923

★1583(天正11)年11月14日

高水寺城に斯波詮直を訪ねて善隣外交。

Tai0927

★1583(天正11)年11月16日

横手城に小野寺義道を訪ねて善隣外交。

Tai0929

★1583(天正11)年11月18日

ぐるりと東北北部を回って、尾浦城に帰還。次なるターゲット・角館(かくのだて)城攻略に着手する。

Tai0933

安東軍には、もはや迎撃するだけの力もないらしく、天城軍はあっさりと城を包囲。

Tai0932

11月19日から26日まで8日間にわたる攻撃で、大手門・二の丸を占拠。残すは本丸のみとなった段階で、剣持翔鷹を降伏勧告の使者として送った。

Tai0944

はい、角館城攻略成功。

角館には現在に至るまで武家屋敷等の建造物が数多く残されている。東北でも有数の観光地として知られ、「みちのくの小京都」とも呼ばれているそうな。

Hadori 羽鳥能高

「これで安東氏の拠点は残すところ檜山城、勝山館の2箇所となりましたな」

Amagi 天城大鷹

「その勝山館の主・蠣崎父子だが、何とかわが方に引き抜けんものか」

Kenmochi 剣持翔鷹

「脈はあると存じまする」

Tsubaki 椿桜花

「安東家においては超有力家臣ですし、史実では1590(天正18)年に秀吉から所領を安堵されて事実上の独立を果たしていますから、安東家の傘下を脱したいという望みは持っているはずです」

Yamato 大和武蔵

「しかし、独立を願う勢力がわざわざ新興大名家である当家になびきますかな?」

Amagi 天城大鷹

「わしが天下をとった暁には、蝦夷だろうが陸奥だろうが好きなところを安堵してやる」

★1583(天正11)年12月3日

勝山館の蠣崎父子を調略。

Tai0955

Tai0957

Amagi 天城大鷹

「すでに安東家とは戦争中。今さら関係悪化を気に病む状況ではありますまい」

Tai0958

これで残るは安東愛季の居城・檜山城のみ。

Tai0960

Amagi 天城大鷹

「攻め込めるものなら、やってみれば」

★他の「太閤立志伝5」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第4話 対安東戦 開始 | トップページ | 第6話 浅利勝頼(事実上)追放 »

武士・天城大鷹【2-1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/30804165

この記事へのトラックバック一覧です: 第5話 角館城攻略:

« 第4話 対安東戦 開始 | トップページ | 第6話 浅利勝頼(事実上)追放 »