« 第6話 浅利勝頼(事実上)追放 | トップページ | 第8話 南蛮商館でショッピング »

第7話 安東氏 滅亡

★1584(天正12)年1月24日

忍者衆とも誼を通じておくため、羽黒の里へ。

Tai0335

★1584(天正12)年1月25日

ついでに、本庄城に回って善隣外交。

Tai0338

★1584(天正12)年2月1日

Tai0346

ということは、長宗我部の勢力圏が土佐から瀬戸内海沿岸まで拡大したということか。

Tai0292

確かに広がっている。

★1584(天正12)年2月23日

昨年末に滅亡した鈴木家の残党を勧誘。

Tai0373

人物情報【雑賀孫一 ????~????】
紀伊の土豪。鈴木佐大夫の子とされる。
雑賀衆と呼ばれる鉄砲傭兵集団を率いた。石山合戦では本願寺に加勢、卓越した鉄砲戦術で織田信長を苦しめた。信長没後、羽柴秀吉と対立したが、本願寺顕如を介して臣従。その生涯は謎に包まれている。

Tai0375

人物情報【鈴木重朝 ????~????】
雑賀衆、のち豊臣家臣。佐大夫の子。
石山合戦では本願寺に属すが、降伏ののち秀吉に仕え一万石を領した。関ヶ原合戦では西軍に属し、伏見城を守る鳥居元忠を討つ戦功をあげる。戦後、浪人するが、のち水戸徳川家に仕えた。

雑賀衆だけに、鉄砲技能はやたら優秀。合戦で大いに活躍してもらおう。

★1584(天正12)年2月25日

Tai0378

いわずと知れた日本最古の歴史書。上・中・下の全三巻に分かれる。

★1584(天正12)年2月26日

奥州斯波家滅亡。史実よりも約2年早い展開である。当主・斯波詮直はその後諸国を放浪し、大坂の陣の後は最上家の庇護を受けたという。

茶屋で貴重品を購入。

Tai0359

Tai0360

Tai0361

★1584(天正12)年3月2日

Amagi 天城大鷹

「檜山城攻略作戦を発動する。安東氏に引導を渡すぞ」

Tai0383

Tsubaki 椿桜花

「大浦城の津軽殿に援軍を依頼してはいかがでしょう。同盟勢力として信頼に足るか否かの踏み絵にもなりますし」

Tai0385

Amagi 天城大鷹

「けっこう結構」

檜山城を包囲する形で布陣。

Tai_cs_hiyama

3月2日から7日まで6日間の攻撃で大手門・二の丸を突破。

Tai0393

本丸陥落寸前となった3月9日、大和武蔵を安東愛季のもとへ遣わして降伏勧告。

Tai0398

…ということで、安東家は天城家の軍門に下り、当主・安東愛季は家老として天城家に登用されることとなった。

人物情報【安東愛季 ????~1587】
檜山安東家八代当主。舜季の嫡子。
湊・檜山の両系に分かれていた安東家を統一して安東家最大の版図を築いた。日本海交易を通じて中央の情報収集に努め、織田信長にも早くから接触している。「斗星の北天に在るにさも似たり」と恐れられたが、戸沢盛安との合戦の際に陣没。

さらに副産物として…

Tai0294

★他の「太閤立志伝5」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第6話 浅利勝頼(事実上)追放 | トップページ | 第8話 南蛮商館でショッピング »

武士・天城大鷹【2-1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/32623272

この記事へのトラックバック一覧です: 第7話 安東氏 滅亡:

« 第6話 浅利勝頼(事実上)追放 | トップページ | 第8話 南蛮商館でショッピング »