« 第8話 南蛮商館でショッピング | トップページ | 第10話 祝言 »

第9話 御用商人を指定

★1584(天正12)年12月28日

年の瀬も迫ったこの時期に驚愕の知らせが…

Tai0553

なんと、羽柴秀吉との争いに敗れたらしい。史実では、真田氏は織田-豊臣に臣従して豊臣家延命に少なからず功があったのだが、この世界ではだいぶ事情が異なるようだ。

ま、いずれにしてもこれは好都合。いずれ当家も羽柴と激突する予定なので、この際、真田を傘下に加え、事ある時には羽柴に意趣返しをしてもらうことにしよう。

年が明けて、1585(天正13)年。

他勢力との関係はこんな具合。

Tai0561

Tai0562

Tai0563

現在の天城家の本拠・湊城がある土崎湊について。

土崎は古くから天然の良港として知られ、鎌倉時代以来、豪族・安東氏の拠点として北日本海交通の要所であった。関ヶ原の戦いの後、国替えで佐竹氏が入部した後も久保田城の外港として栄え、北国七湊の一つとして称えられた。

1月3日、名生城に大崎義隆を訪問。

Tai0555

手合わせの結果…

Tai9990

1月18日。

Tai0566

Tai0567

人物情報【池田惣左衛門 ????~????
酒田の商人。屋号は「鐙屋」。
廻船問屋。三十六人衆と呼ばれる有力商人の筆頭格で、奥州藤原氏の滅亡時に酒田に落ちた遺臣の末裔という。酒田の発展に努め、子孫は井原西鶴「日本永代蔵」に「北の国一番の米の買入、惣左衛門の名を知らざるはなし」と紹介されている。

1月19日。

酒田郊外で行商人に馬を勧められた。

Tai0572

何となく名馬であるようなカンが働いて、購入決定。

Tai0573

湊城に帰還して、馬を詳細に調べたところ…

Tai0576

Amagi 天城大鷹

「なかなか良い買い物ではないか」

1月29日。5ヶ月ぶりに京都へ。

菊亭晴季に取り持ちをお願いして、朝廷に献金したところ…

Tai0588

初めて官位を授かった。

先日、酒田の鐙屋を天城家の御用商人に指名したが、御用商人が一つだけだとその商家の発言力が強まる恐れがあるので…

Tai0602

人物情報【角屋七郎次郎 1542~????】
伊勢の豪商。角屋は屋号で姓は松本。名は秀持。信濃豪族松本家の庶流。父の代より大湊に住んで廻船業を営む。町政にも関与したという。本能寺の変の際、伊賀をを越えて来た徳川家康の一行を船に乗せて無事に帰還させ、その功により諸特権を与えられた。のち、松坂でも活躍している。

3月21日。再び御所へ。

Tai0625

官位の大安売りだな。地位や恩賞をやたら濫発するのって、時の権力が末期状態にある証と聞いたことがあるが…大丈夫だろうか。

Tai0627

羽柴のヤロー、ちょっと図に乗り過ぎておらんか。

★他の「太閤立志伝5」プレイレポートは「芸急歴史資料館」で。

|

« 第8話 南蛮商館でショッピング | トップページ | 第10話 祝言 »

武士・天城大鷹【2-1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/32932076

この記事へのトラックバック一覧です: 第9話 御用商人を指定:

« 第8話 南蛮商館でショッピング | トップページ | 第10話 祝言 »