« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

第16話 上杉氏と同盟

1586(天正14)年8月12日、春日山城。

Tai1243

人物情報【直江 兼続 1560~1619】
上杉家臣。樋口兼豊の嫡子。のち直江家を継ぐ。知勇兼備の名将。景勝に重く用いられ、上杉家の執政官として活躍した。豊臣秀吉からも格別の信頼を得て、陪臣ながら厚遇された。秀吉が没すると、一時徳川家康に反抗するが、関ヶ原敗戦後は家康に詫びて主家の存続に尽くした。

前回のNHK大河ドラマ「天地人」の主人公に知られているとは光栄ですな。

Tai1247

人物情報【上杉景勝 1555~1623】
出羽米沢藩主。長尾政景の次男。母は謙信の姉。謙信没後、お家騒動を制して上杉家当主となる。豊臣政権下では五大老の一人。秀吉没後、徳川家康の台頭を嫌って会津若松で兵を挙げると、これに呼応して石田三成も挙兵。関ヶ原合戦の引き金を作った。戦後は徳川家に降伏。


8月19日。

Tai1249

Tai1250

Tai1252

Tai1254

大鷹「この外道! 人の情けにつけ込みやがって、許さん」

Tai1255

叩きのめした。

Tai1256

おととい来やがれ。

8月20日。

Tai1257

Amagi 天城大鷹

「正直なところ、どうでもよい。どうせ、三代目のボンボンだし。後見役の叔父二人がいなくなれば、どうにでも料理できよう」

8月29日、輪島にて。

Tai1264

この男は要警戒。

人物情報【蒲生氏郷 1556~1595】
織田家臣。賢秀の子。初名は賦秀、のち氏郷。信長にその才能を認められ、信長の娘を娶るなど信任を得た。本能寺の変後は秀吉の配下となり、陸奥会津を領して伊達家の監視役となった。知勇兼備の将で、その器量を秀吉に警戒されたとも言われる。茶人としても知られ、利休七哲の一人。

続きを読む "第16話 上杉氏と同盟"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »