« 第18話 伊達家滅亡 | トップページ | 第2話 兵糧売却で荒稼ぎ »

第1話 毛利秀元登場

管理人の運営する別ブログで、「徳川幕府の成立阻止」を目標として「太閤立志伝5」をプレイする旨、発表してしまいました(詳細な経緯はこちら→「芸急ワールド 現実との違い その1」)。

開始時期は、現在連載中の「天城大鷹一代記(?)」完結後と考えていましたが、時期を逸するのは得策ではないとの判断から、あえて「天城…」を中断して短期決戦でシリーズを連載していくことに。

歴史の流れに抗って徳川幕府の成立を阻止しようとするわけですから、当然、徳川家に対しては全面的な対決姿勢で臨みますし、その過程で家康ファンの方々には許しがたい描写も数多く出てくると思われます。まあ、そこはしょせん管理人の妄想ということで寛恕いただければ幸いです。

*************************************************

さて、それでは「太閤立志伝5」。選択したシナリオは「1598年 太平の章」。これから一大戦乱を引き起こそうというのに“太平”とは皮肉だな。

Tai0001

肝心の主人公。当初はおなじみの天城大鷹に究極の下剋上を実践させるつもりだったのだが、今回のテーマが「徳川幕府の成立阻止」ということもあり、まったく架空の新武将よりも、反徳川勢力の最右翼であり芸急ワールド(※注)を地盤とする毛利氏に積年の怨みを晴らさせるという設定のほうが感情移入しやすいと考え、毛利元就の四男・穂井田元清の次男である毛利秀元でプレイすることにした。

ただ、毛利秀元もゲームキャラクターとして用意されてはいないので、新武将として登録してやる必要がある。

そもそも、このシナリオ「1598年 太平の章」で主人公として選択可能な毛利本家の武将は輝元だけ。祖父の築いた中国十一ヶ国の太守という地位を一代でぶち壊したボンボン大名を分身として操る気になれず、毛利家内に人材を探していたところ、小早川隆景の評による「器量に優れ、父・元就に似ている」という言葉が目にとまって毛利秀元を担ぎ出すことにしたわけ。

新武将設定ツールを導入しているので、冒頭で…

Tai0002

[はい]を選択して仕官先や身分を決定。従兄弟である毛利輝元の養嗣子という立場なので、特に悩む必要はない。

Tai0009

史実では、1595(文禄4)年、輝元に実子が誕生しているが、話がややこしくなるのでここでは勘定に入れないことにする。

1598(慶長3)年8月30日、広島城下にてプレイ開始。ちなみに秀元の各種能力値だが、「元就に似ている」とのことなので、その元就と同レベルに設定した(やり過ぎかな)。

Tai0011

さて、最初の評定である。

Tai0013

Hidemotos 毛利秀元

「えっ? 祖父上(元就)は『天下を望むなかれ』と言い残したはずですが…」

Terumotos 毛利輝元

「う…む。ま、この場合の『天下統一』はだな、家中の士気を鼓舞するための…そう、一種のスローガンのようなものだ」

Hidemotos 毛利秀元

「はあ」

最初の主命は…

Tai0014

まずは米転がしで当座の活動資金を手に入れねばならぬ。

9月1日から10月24日まで、備前国・長船、堺、奈良、若狭国・小浜 、長門国・赤間関、浜松、江戸を回って、米の売買に励む。その道中で…

9月1日。

Tai0018

Tai0021

9月6日、瀬戸内海の船上で。

Hid0004

Hid0005

Hidemotos 毛利秀元

「金平糖?」

Hid0006

この時代の貨幣価値について調べてみたのだが、いまいちよくわからん。「1貫=1000文」とか「1文=10円」とかの記述が多いので、それを鵜呑みにすると400貫=400,000文=4,000,000円ということになる。

Hidemotos 毛利秀元

「貴様、今この場で魚のエサにしてやろうか、え? 金平糖が400貫じゃと、このペテン師が」

…と刀を抜く。

Gyoshonins 行商人

「わーっ! ごめんなさい。もうしません、もうしません」

10月4日、安土にて。

Hid0030

Hid0034

人物情報【出雲の阿国 ????~????】
出雲大社の巫女を称す。歌舞伎踊りの創始者。出雲大社本殿の修理費用を稼ぐため、巫女たちとともに諸国を巡業。京都で念仏踊りを上演して人気を博す。のち京都の四条河原では、男装して舞い踊る大胆な演出を披露し、その名を広く天下に知られるようになった。

ついでに商家・山形屋を訪れて…

Hid0042

人物情報【西川仁右衛門 ????~????】
近江の商人。屋号は山形屋。豊臣秀次が近江八幡城の城下町を楽市楽座にしたのに伴って開業。初め蚊帳や塩干物を商っていたが、八幡で畳表の生産が盛んになると、東海道方面に畳表の行商を展開した。子孫は江戸日本橋に店を構え、今日まで商売を続けている。

茶器を購入。

Hid0044

10月6日、堺にて。

Hid0050

人物情報【長谷川宗仁 1539~1606】
画家。茶人。京都の町衆の出身といわれる。織田信長に仕えて代官職を務めた。本能寺の変が起こると、いち早く飛脚を立てて羽柴秀吉に通報したという。のち秀吉や徳川家康に使えて一万石の大名になった。絵師としては「法眼」の位に叙されている。

茶道の手ほどきを受けて…

Hid0053

Hid0055

※注 芸急ワールド…(GEN)2が管理・運営するWebサイト「芸急グループ」で紹介している架空世界。広島県南西部(芸南地方)をモデルとし、ここに路線をもつ架空鉄道「芸南急行電鉄」を軸として世界を構築している。

|

« 第18話 伊達家滅亡 | トップページ | 第2話 兵糧売却で荒稼ぎ »

武士・毛利秀元」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/34818228

この記事へのトラックバック一覧です: 第1話 毛利秀元登場:

« 第18話 伊達家滅亡 | トップページ | 第2話 兵糧売却で荒稼ぎ »