« 第1話 毛利秀元登場 | トップページ | 第3話 貴重品を買い漁り »

第2話 兵糧売却で荒稼ぎ

10月25日、広島に帰還した秀元を待っていたのは、前田利家の訃報。

Hid0062

キナくさい状況になってきた。それはともかく、輝元に謁見して主命の成果報告。

Hid0064

広島城を出発した時の所持金20貫が、今や36101貫に。米3000石を元手に約1800倍に増やした計算である。主命としてのノルマは1200貫だが、その倍の2400貫を上納したところ…

Hid0067

ご満悦の様子。

城を出て、自宅に戻る途中で出くわしたのが…

Hidemotos 毛利秀元

「また貴様か! なんでわしに付きまとう?」

Gyoshonins 行商人

「い、いえっ、今日は商売ではございません。先日のお詫びがてら、通りすがりにちょっとした情報をお届けにあがっただけでして…」

Hid0068

かねてから石田三成と対立していた福島正則・加藤清正・加藤嘉明・浅野幸長・黒田長政・池田輝政・細川忠興ら七人は、三成の専横を理由に屋敷を襲撃。三成は政敵・徳川家康を頼って難を逃れたが、騒動の責任を問われて奉行職を失い、居城・佐和山城にて謹慎することになったのである。

1598(慶長3)年11月1日、広島城での評定。

Hid0073

Hid0350

新しい主命も引き続き「兵糧売却」。もう少し金を稼いでおきたい。

Hid0077

いったい何なんだ、こいつは。

今度は11月3日から12月20日まで、石見国・温泉津、鳥取、但馬国・出石、大坂、長船、丸亀、浦戸、厳島、丹波国・亀山、京、堺、伊勢国・大湊、浜松、岡崎、清洲、岐阜、奈良、近江国・長浜、鳴門、松江、周防国・赤間関という具合に、九州以外の西日本を駆けずり回る。その道中…

11月5日、鳥取砂丘。

Hid0081

Hid0082

11月24日、京都の茶屋を訪れる。

Hid0092

人物情報【茶屋又四郎 1584~1622】
京の豪商。名は清次。初代茶屋四郎次郎の次男。初め長崎で養子に入って貿易に従事していたが、兄が早世したため、三代目茶屋四郎次郎を襲名。大坂の陣を機に京都へ戻り、呉服師として幕府の御用商人を務める。その後、朱印船貿易でも活躍した。風流人としても知られる。

「富士茄子」を購入。

Hid0095

果心居士に会う。

Hid0096

人物情報【果心居士(かしんこじ) ????~????】
謎の多い幻術士。筑後の生まれとも伝わるが、詳しい出自は不明。松永久秀に「恐ろしいものを見せよ」と言われると、亡き妻の幻影を見せて震え上がらせた。のち豊臣秀吉の前で、秘密の私事を暴いて磔の刑に処せられたところ、鼠に変じて逃げたという。

11月25日、堺の納屋を訪れる。

Hid0100

人物情報【今井宗薫 1552~1627】
堺の商人。茶人。宗久の子。秀吉に茶頭として仕える。秀吉没後、禁制となっていた大名家同士の婚姻を仲介した罪で、堺より追放された。関ヶ原合戦で東軍に属して功があり、のち徳川幕府の旗本となった。

「紹鴎茄子」を購入。

Hid0103

11月27日、大湊の角屋を訪れる。

Hid0105

人物情報【角屋七郎次郎 1542?~????】
伊勢の豪商。角屋は屋号で姓は松本。名は秀持。信濃豪族松本家の庶流。父の代より大湊に住んで廻船業を営む。町政にも関与したという。本能寺の変の際、伊賀を越えてきた徳川家康の一行を船に乗せて無事に帰還させ、その功により諸特権を与えられた。のちに松坂でも活躍している。

「古今和歌集」「一国長吉」 を購入。

Hid0109

Hid0110

12月2日、奈良の米屋で。

Hid0118

Hid0119

熟練者に師事するだけでなく、自らの経験の蓄積によっても技能値を上げることができるようだ。

12月20日、広島城に帰還。

Hid0133

Hid0134

Hid0135

なにが「うっかり」だ。ますます募る家康の専横。

益田元祥邸にて。

Hid0140

Hidemotos 毛利秀元

「せっかく訪問してやったのに。あの野郎、ケンカ売っとるとしか思えぬ。今に見とれよ、拙者が毛利家の跡を継いだら…」

|

« 第1話 毛利秀元登場 | トップページ | 第3話 貴重品を買い漁り »

武士・毛利秀元」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/34853230

この記事へのトラックバック一覧です: 第2話 兵糧売却で荒稼ぎ:

« 第1話 毛利秀元登場 | トップページ | 第3話 貴重品を買い漁り »