« 第15話 宮本武蔵らを配下に | トップページ | 第17話 徳川家に宣戦布告 »

第16話 備中・備前侵攻作戦 発動

8月23日、待てど暮らせど一向に挙兵する気配のない小早川秀秋を督戦するため、岡山城に出向いたところ…

Hid1279

8月25日、近江国・長浜にて稲富一夢を勧誘。

Hid1282

人物情報【稲富一夢 1552~1611】
一色家臣。のち細川・徳川家臣。鉄砲の名人で、稲富流砲術の始祖として名高い。初め一色満信に仕え、主家が滅亡すると細川忠興に属した。しかし忠興の勘気を被り、細川家を出奔。その後は徳川家に仕えて幕府の鉄砲方となり、国友鍛冶衆の組織化などに貢献した。

8月30日、岡山城。

Hid1279

9月4日、岡山城。

Hid1279

Hidemotos 毛利秀元

「おぬしは頭だけでなく、体も壊れておるのか。いい加減にするがよい」

9月7日、駿府にて山田長政を勧誘。

Hid1299

人物情報【山田長政 ????~1630】
シャム(現在のタイ)の日本町の頭領。駿河の出身。朱印船に乗ってシャムに渡り、アユタヤの日本人町の頭領となる。その後、シャム国王の厚い信任を得て重臣の地位に上り詰めた。のちにシャム王家の内紛に巻き込まれて毒殺された。

9月17日、岡山城。

Hid1304

Hidemotos 毛利秀元

「おっ、ようやく病は癒えたか。ところで、いつまで経っても攻めてくる気配がないので、こちらから喧嘩を売りに来てやったぞ」

Hid1306

Hidemotos 毛利秀元

「今、初めて聞いたような顔をするな。先だって『さっさと兵を挙げろ』と告げておいたではないか」

Hid1307

Hidemotos 毛利秀元

「会話の噛み合わぬ奴だな。もっとも貴様ごときの顔グラフィックや台詞を作るのが面倒だったという事情もあるが…。とにかく、貴様は四の五の言わずに早う仕掛けてくればよいのだ」

小早川秀秋を相手に好き勝手に毒を吹きまくったおかげで…

Hid1310

9月20日、可児才蔵、部将に昇進。続いて9月27日、志賀親次、侍大将に昇進。

10月3日、大坂の本願寺准如宅にて。

hid1326

Hidemotos 毛利秀元

「ほほう。そなたは『呉子の秘奥義』がご入用か…。よろしい、進呈しよう」

hid1334

hid1336

人物情報【本願寺准如 1577~1630】
本願寺十二世法主。顕如の三男。教如の異母弟。父・顕如の死後、法主の座を巡り兄・教如と争うが、豊臣秀吉の支持によって法主の座に就いた。のち教如が東本願寺を興して分裂するが、本願寺の地を移転して、よく隆盛を保った。

12月30日、備中・備前侵攻作戦の発動を決意。

Image

どうも年の瀬が迫って軍事行動を起こす傾向がある。これも敵の意表を突くためか。

Hid1381

Hidemotos 毛利秀元

「…出撃じゃ!」

Hid1382

最初のターゲットは備中松山城。城の規模は中、防御度は75。さほど苦労はするまい。

Hid1386

1602(慶長7)年1月3日から攻撃を開始…

Hid1389

…となったところで、岡山城を出発した敵の援軍が至近に迫ったとの一報が入る。そのまま野戦に突入。

Hid1401

常套の必殺技「風林火山」を発動して…

Hid1402

敵・九鬼広隆軍団を撃破。

Hid1404

再び攻城戦に入って…

Hid1408

Hid1409

1月9日、わずか6日間で備中松山城を攻略。その実績により「軍師」の称号を得た。

Hid1414

2月12日からは備中高松城攻略を開始。羽柴秀吉による水攻めで有名なあの城である。

Hid1431

で、12日後の2月23日には…

Hid1449

Hid1450

備中高松城攻略に成功。

|

« 第15話 宮本武蔵らを配下に | トップページ | 第17話 徳川家に宣戦布告 »

武士・毛利秀元」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/35311624

この記事へのトラックバック一覧です: 第16話 備中・備前侵攻作戦 発動:

« 第15話 宮本武蔵らを配下に | トップページ | 第17話 徳川家に宣戦布告 »