« 第4話 関ヶ原への道 | トップページ | 第6話 毛利家大減封 »

第5話 陣中会談

吉川広家と小早川秀秋が去ると、入れ替わりに現れたのが…

Hid0298

Hid0299

Mitsunaris 石田三成

「毛利殿にはぜひ総大将を務めていただきたく」

Terumotos 毛利輝元

「うむ、考えたのじゃが…総大将は秀頼さまの方が良いのではないか?」

Mitsunaris 石田三成

「いえ、秀頼さまはまだご幼少の身。全軍の采配を振るうのは次席大老たる毛利殿が適任でござる」

Terumotos 毛利輝元

「左様か…。では、謹んで総大将の任、うけたまわる」

Hid0304

Shinobis 忍者

「家康は東海の諸大名を率い、東海道を進んでおります」

Hidemotos 毛利秀元

「なにっ、上杉勢を放置してか?」

Shinobis 忍者

「いえ、家康の次男・秀康を下野の宇都宮に残し、上杉への押さえとしております」

Hidemotos 毛利秀元

「上杉が攻め込まない程度の軍を残し、残る全軍をもってこちらを叩きに来たか」

Mitsunaris 石田三成

「家康が来るとなると、こちらも全力を結集せねばなりませぬな。佐和山に向かいましょうぞ!」

Terumotos 毛利輝元

「いや、拙者はここにあって秀頼さまをお守りしようと思う」

Hidemotos 毛利秀元

(なるほど。そういうことか)

Mitsunaris 石田三成

「何と! 陣頭に立ってくださらぬので?」

Terumotos 毛利輝元

「総大将が軽々しく陣頭に立つものではあるまい。それに、わしまで佐和山に行ってしもうては、誰が秀頼さまをお守りするのじゃ?」

Mitsunaris 石田三成

「それは、確かにそうでござるが…毛利家の兵力は我らの中でも最大。毛利軍が参加するかどうかは戦の勝敗に大きく関わりまする。なにとぞ、なにとぞ陣頭に立ってくだされ」

Terumotos 毛利輝元

「それでも、やはりわしはこの大坂城を離れるべきではないと思う」

Hidemotos 毛利秀元

「毛利軍の主力はそれがしが率いて戦場に立ちまするゆえ、ここは石田殿…」

Hid0319

Hid0320

そして決戦前夜、吉川広家の陣中にて…

Hidemotos 毛利秀元

「広家殿、毛利家所領安堵の工作はいかがな具合か」

Hiroies 吉川広家

「な、何のことだ!?」

Hidemotos 毛利秀元

「隠ずとも結構。拙者はすべて存じております」

Hiroies 吉川広家

「知っておるなら仕方がない。打ち明けるが…密約については黒田長政殿から所領安堵の書状をいただいておる」

Hidemotos 毛利秀元

「その書状に家康の花押は?」

Hiroies 吉川広家

「家康殿の名は記されておらぬが…」

Hidemotos 毛利秀元

「やはり…。家康は知らぬ存ぜぬで密約を反故にするつもりですよ」

Hiroies 吉川広家

「なんと!」

Hidemotos 毛利秀元

「家康は、父上が義兄弟の契りを破ったことに激怒しておるのです。まあ、父上も軽率の誹りは免れませんがね。だいたいあのタヌキ爺いが、一度敵方に回った輩をそう簡単に許すもんですか。何のかんのと難癖つけて当家を潰しにかかるに決まっています」

Hiroies 吉川広家

「すると…拙者は家康にだまされていたというわけか?」

Hidemotos 毛利秀元

「積極的にだます意図があったか否かはともかく、利用されたことは間違いないでしょうな」

Hiroies 吉川広家

「それで…貴兄は明日に迫った合戦でどういう動きをとるつもりだ」

Hidemotos 毛利秀元

「とりあえず歴史の流れに身を任せてみようと思っていますが」

Hiroies 吉川広家

「歴史の流れ…とな」

Hidemotos 毛利秀元

「貴殿に参戦を阻止されるまでもなく、史実どおり戦闘には参加しないつもりです。どうせ、西軍の準主力たる小早川隊の裏切りで東軍の勝利は動きませんよ。そうである以上、当家改易の口実となるような言動は慎むべきです。さすれば、貴殿の内応も奏功して、家康の当家に対する処分は防長二ヶ国への減封程度にとどまるはず。問題はその後ですよ」

Hiroies 吉川広家

「…」

Hidemotos 毛利秀元

「遠からず父上は失意の余り家督を譲って隠居しますが、この世界では嫡男・秀就は生まれていないので、それがしが跡を継ぐことになります。そのあかつきには祖父上の御言葉どおり再度毛利一族の大同団結を成し遂げ、その上で徳川家に対して捲土重来を図りたいのです」

Hiroies 吉川広家

「改めて徳川に弓を引くと!?」

Hidemotos 毛利秀元

「ええ。毛利家…ではなく、後世の日本のために」

Hiroies 吉川広家

「どういうことか?」

Hidemotos 毛利秀元

「このままいくと徳川家は江戸に幕府を開いて以降260年の長きにわたり日本を支配することになるでしょう。問題は、その間「鎖国」なる対外政策を採って外交・貿易を厳しく制限することです。その結果、技術・文化・思想の面で日本は世界の潮流から取り残され、幕末には欧米列強による植民地化の危機に瀕するのです」

Hiroies 吉川広家

「…」

Hidemotos 毛利秀元

「何とか植民地化はまぬがれますが、その後の急激な近代化の過程で列強との軋轢・対立が生まれ、太平洋戦争での敗戦を経て日本は米国の属国的な立場に甘んじることになります。それがしは後世の日本人にそのような屈辱を味わわせたくないのです」

Hiroies 吉川広家

「後半は何だか途方もない話なので拙者にはよくわからぬが、徳川家が天下をとることが後々の日本にとってよろしくないということはわかった。貴兄の筋書にのってみよう」

Hidemotos 毛利秀元

「ありがたいお言葉、痛み入ります」

|

« 第4話 関ヶ原への道 | トップページ | 第6話 毛利家大減封 »

武士・毛利秀元」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/34895118

この記事へのトラックバック一覧です: 第5話 陣中会談:

« 第4話 関ヶ原への道 | トップページ | 第6話 毛利家大減封 »