« 第24話 九州征伐 | トップページ | 第26話 関東制圧戦開始 »

第25話 大茶会開催

1606(慶長11)年2月23日。なんだか展開が早くなってきた。というか、些末なできごとをかっ飛ばして本筋だけを追うようにしたからだけど。

Hid2555

4月4日。

Hid2571

4月22日。

Hid2579

4月29日、行商人から逸品を購入。

Hid2586

このゲームに登場する刀剣アイテム中、ナンバー4の威力と価値を有する品である。

ところで、この時点でわが毛利家の勢力範囲がどうなっているかというと…

Image

1606(慶長11)年末から、いよいよ関東甲信地方に進出する。

11月15日。

Hid2622

Hid2629

…下山城攻略。続いて12月5日、韮山城攻略。

12月14日。

Hid2651

明けて1607(慶長12)年1月3日。

Hid2657

Hid2658

Hidemotos 毛利秀元

「どういたした、親次。散策か?」

Shigas 志賀親次

「はい。春の息吹にいざなわれて、ついふらふらと…。

ところで大殿、このように天候に恵まれた日に、盛大に野点など催せば爽快にございましょうな。大殿の茶人としての名声は、既に天下に鳴り響いておりまする。しかも、大殿が所有なさいます馬蝗絆は誰もがひと目見たがる名品でございます。大殿が大茶会を開催するとなれば、各方面の有力者が参加する素晴らしい会となることでございましょう。

どうでございましょう。戦乱の世にひととき大輪の華を咲かせてみませぬか」

Hidemotos 毛利秀元

「そうだな。なかなか粋な考えであるな。茶の醍醐味を広く世に知らしめるためにも、ひとつ盛大な茶会を開いてみようか」

Shigas 志賀親次

「それでこそ、大殿。想像しただけで、今からもう愉快でございます。準備や告知に必要な期間を考えると、来月の初旬あたりが良いでございましょう」

Hidemotos 毛利秀元

「来月初旬って…寒くないか」

Shigas 志賀親次

「…確かに寒うございます。ただ、ゲームシステム上『来月の初旬』は変更不可能なようでして…」

Hidemotos 毛利秀元

「わかった。やむをえまい」

Hid2672

Hid2673

1月28日。

Hid2680

Hid2682

あともう少しで頂点だ。

2月5日。

Hid2740

Hid2686

Hid2688

Hid2697

招いた覚えはないが、ここで追い返すのも大人気ないな。

Hid2699

Hid2700

Hid2706

いったいどれ程の人間が集まったのか、会場に次々と現れる客人達。

広い会場に茶席は隈なく用意されていたが、すぐに人々で埋まってしまった。

そしてかつてない規模を誇る大茶会が始まった…

その人数の多さにもかかわらず、聞こえるのは茶を点てる音ばかり。

柔らかな日の光と、生命の息吹きを乗せてそよぐ風の中、名手の入れた茶を頂く

「あの味が決して忘れられぬ」と後にこのときの参加者は懐かしんだものである…

戦や謀略に彩られた戦国の歴史のうちに、人々が連帯できることを示した、秀元のささやかな抵抗の跡

後に毛利秀元を研究した学者達は、この大茶会をそう捉えたのである

Hid2747

Hid2720

Hid2721

憩いのひと時は終わった。あとは天下統一への道を一路驀進!

|

« 第24話 九州征伐 | トップページ | 第26話 関東制圧戦開始 »

武士・毛利秀元」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/36054911

この記事へのトラックバック一覧です: 第25話 大茶会開催:

« 第24話 九州征伐 | トップページ | 第26話 関東制圧戦開始 »