« 第5回 剣道邁進 その1 | トップページ | 第7回 剣道邁進 その3 »

第6回 剣道邁進 その2

1561(永禄4)年10月30日、忍者からの報告。

Shinobi 忍者

「土佐にて珍事が起こりました。土佐中村御所当主・一条権中納言兼定殿、出家され土佐を離れられたよし」

土佐東部を入手した長宗我部元親は、吉良親貞の進言を入れ、土佐一統を目論み、遂に元の主家・一条家領へ進撃。

これに対し一条家内では、長宗我部氏の離間工作もあり、兼定ら京派と康政ら土豪派が対立。伊予攻めの失敗で求心力を喪った兼定に付従う家臣は少なく、憤激した兼定は出家。妻の実家・大友氏を頼り落延びる…。

11月3日、近々お世話になる予定の納屋・今井宗久を訪ねてご挨拶。

Oka0556

人物情報【今井宗久(いまいそうきゅう)1520~1593】
堺の豪商。茶人。当代屈指の茶人・武野紹鴎の娘婿となり、紹鴎が没すると秘蔵の茶器を継承。織田信長が上洛すると、その茶器を献上して取り入り、利権を得た。信長没後も豊臣秀吉の茶頭として仕えたが、次第に勢力は衰えていたという。

Oka0557

Imai 今井宗久

「浪人の方でござるか。ともかく、今後ともよしなに」

所持金に多少余裕ができているので、貴重品を何点か購入。

Oka0561

Oka0562

Oka0563

さて、そろそろ出羽国・酒田に移動。

町情報【羽前国・酒田(南奥羽)】
東北有数の商業港として古くから栄え、三十六人衆と呼ばれる有力商人たちが町政を行っていた。この体制は江戸時代まで続き、筆頭の鐙屋は井原西鶴の「日本永代蔵」に「北の国一番の米の買入れ、名を知らざるはなし」と称されている。

11月7日、林崎夢想流道場に林崎甚介を訪ねます。

Oka0568

例によって、手合わせで親密度を上げた後…

Oka0583

まず「居合斬り」を修得。

Tai0039

幸いなことに、ここ酒田には寺があるので、秘技修得の合間に礼法修業も可能です。

Oka0597

連続40日に及ぶ修業で…

Oka0598

さらに、徳政令と割普請をGET。

Tai0317

Tai0318

12月22日、林崎夢想流道場にて「浪返し」を修得。

Tai0319

年明けて1562(永禄5)年1月13日。

Oka0607

Ouka 椿桜花

「ほう。房州里見家もこれで終わりでございますね」

Shinobi 忍者

「それが…里見・正木連合軍の誘引迎撃により、ほぼ壊滅に至った模様でございますぞ」

Ouka 椿桜花

「な、なんと!? あの老練な北条軍がそのような…」

1562年1月…北条氏政は藤沢播磨守の援軍要請に応じ、関東諸将の軍勢を率いて房州三船山に着陣した。風前の灯となった里見軍は、乾坤一擲、野戦を挑み、佐貫城より正木憲時を進発させ、正面から会戦する。

数に劣る里見方の野戦を絶好の機と見た北条軍は、主力軍を投入し里見軍を強襲、一気に壊滅させようと陣を進める。

しかし、それは里見方の巧妙な罠であった。障子谷に差し掛かった北条軍を虚空蔵山、八幡山に陣取った里見・正木の部隊が急襲! 二千五百人もの死者を出した北条軍は敗走し、存亡の淵にあった里見家は息を吹返すこととなる。

Oka0616

同日、夢想流道場にて…

Tai0316

Oka0621

「よって、そなたの林崎夢想流印可を認めるといたそう」

Ouka 椿桜花

「ありがとうございます。お世話になりました」

酒田を出て一気に日本海を南下、さらに西へ進んで、出雲国の鉢屋の里へ。

Oka0628

2ヶ月あまりの忍術修業で…

Oka0634

Tai0320

Oka0636

4ヶ月ぶりに本拠・石山に帰還。

Oka0640

Ouka 椿桜花

「なんですって!? いったい何があったの?」

Shinobi 忍者

「武田家は甲信一帯を制覇し、次は南進して東海道と海路を手中に収めんと画策していた模様」

Ouka 椿桜花

「なるほど…。義元亡き後の今川家の衰退は誰の目にも明らか。北の上杉と争い続けるよりは、南の今川のほうが組しやすい…。信玄の決断もうなずけますね」

Shinobi 忍者

「しかし、義信は父・信玄の南進策に強く反対したそうにございます」

Ouka 椿桜花

「義信は、甲相駿三国同盟成立の際に今川氏真の妹を娶っていますゆえ…反対するのも当然ですね」

Shinobi 忍者

「それ以来、信玄と義信父子の仲はうまくいっていなかったようです。義信は武田家重臣・飯富虎昌と父・信玄の国外追放を画策するも、虎昌の弟・昌景が信玄に注進し露見。虎昌は自害して果て、義信は今川家への亡命を企てましたが、これも察知され、ついに腹を斬った模様」

Ouka 椿桜花

「かつて、信玄がその父にしたことを今度はその子が父にしようとするとは…まったく因果応報とはこのことですね」

Shinobi 忍者

「また信玄は、虎昌の弟・昌景に山県姓を継ぐよう命じたそうでござります」

Oka0652

さらに…

Oka0659

Shinobi 忍者

「今川氏真の妹を娶っていた武田義信が死んで、今川攻めに反対する者がいなくなり、ついに武田-今川同盟破棄に至った次第。この同盟破棄を背信として怒った北条氏康は武田家との同盟を破棄。甲駿相三国同盟は完全に崩壊しました」

もうひとつ…

Oka0667

Shinobi 忍者

「また、上杉輝虎はこの同盟に伴い、北条氏康の一子・氏秀を養子とし、『上杉景虎』と名乗らせた模様」

|

« 第5回 剣道邁進 その1 | トップページ | 第7回 剣道邁進 その3 »

剣豪商人・椿桜花【1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/37481279

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 剣道邁進 その2:

« 第5回 剣道邁進 その1 | トップページ | 第7回 剣道邁進 その3 »