« 第7回 剣道邁進 その3 | トップページ | 第9回 刀系全秘技修得 »

第8回 鍛冶職人

怒濤の如き忍者の報告ラッシュ。

Oka0784

Ouka 椿桜花

「墨俣は経略の足場である以上に、斎藤家の切り崩しを謀ったもの…織田信長、あなどれぬ男ですね」

Shinobi 忍者

「墨俣城代・木下藤吉郎殿が斎藤家の攻囲を跳ね返し続ける程、斎藤龍興殿の下知は諸将に至らなくなる模様。さらに、木下藤吉郎殿は稲葉山の地理に詳しい地元の者を密かに手元に召抱えた模様…」

Ouka 椿桜花

「木下藤吉郎殿か…いずれ天下に大事を為すやも…」

9月1日、ついに修得。

Tai0154

9月2日。

Oka0794

Oka0795

Ouka 椿桜花

「朝倉家の力を背景に将軍になろうという考えなのでしょう。しかし、今の朝倉家に果たしてそれだけの力と気概が残っているのかしら」

9月3日。

Oka0801

同時に修得。

Tai0155

9月24日、伊賀の里における忍術修業の結果…

Oka0804

Oka0805

Tai0156

10月14日、奈良にて旅人からの情報。

Oka0808

Tabibito 旅人

「毛利元就殿の次男・元春殿は吉川家へ、三男・隆景殿は小早川家へ養子に出されましたが、長男の毛利隆元殿も含め、兄弟仲はあまりよろしくないようで、元就殿の頭痛の種だったとか」

Oka0816

一本ではたやすく折れる矢も、三本束ねれば容易に折れぬことから、兄弟三人が協力しあうことを教えたのである。

これを機に毛利の結束は強まり、周辺の大名にとって脅威となった。

Oka0815

10月15日、柳生新陰流道場にて「浮舟」を修得。

Tai0157

Oka0822

Yagyu 柳生宗厳

「よって、おぬしの柳生新陰流印可を認めるといたそう。これからもよりいっそう励んでくれ。柳生新陰流を極めたといっても武の道に終わりはないぞ」

Ouka 椿桜花

「長らくお世話になりました。それではお暇いたします」

これで未修得の刀剣系秘技は、新陰流の「転」のみとなりました。さっそく上州・厩橋の上泉信綱道場に向かおうかと思いましたが…やっぱりもう少し後にしましょう。特に理由はありません。何となく…です。

10月17日、堺の納屋助三衛門宅を訪れます。

Oka0828

何の誉れが高いのか…よくわかりませんが。

「霞釜」を進呈して親密度アップ。

10月19日、長船の鍛冶屋で1日だけの下働き。これが目的です。

Tai0158

ついでにこれも…

Tai0159

その足で奥出雲に向かい、10月20日から砂鉄採集。その最中に…

Oka0842

門徒は一斉に蜂起し、尾山城を奪還。強力な防衛線を構築し、上杉軍を威嚇。

が、畿内に旗を打立てんとする輝虎は、加賀攻略を諦めるわけにはいかなかった。かくて泥沼の戦いは続いてゆく…

Oka0846

11月8日から納屋助三衛門のもとで弁舌の修業。

Oka0855

12月22日、頃合いもよかろうということで…

Oka0862

Oka0863

鉄を10個いただきました。

Ouka 椿桜花

「まあ、結構なものを…。気を遣っていただいてすみません」

さらに来客が…

Oka0866

Oka0867

Kodomo 子ども

「鍛冶屋ってかっこいいなーって思ってさ。ぼくもやってみたいんだ。教えてよ」

Ouka 椿桜花

「鍛冶屋が好きなの? いいわ、少し教えてあげましょう」

…ということで、子供のリクエストに応えつつ、鍛冶屋コースの説明を。

Oka0871

|

« 第7回 剣道邁進 その3 | トップページ | 第9回 刀系全秘技修得 »

剣豪商人・椿桜花【1】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/38039459

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回 鍛冶職人:

« 第7回 剣道邁進 その3 | トップページ | 第9回 刀系全秘技修得 »