« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

第24回 上杉謙信死す

1月14日、会津の簗田屋にて。

Oka2739

Oka2740

Oka2741

Oka2742

奥州をひと周りしてきました。

Tai0166

Tai0154

Tai0180

Tai0164

これで国内すべての名所を訪れたことになります。

Tai0557

1月21日、小田原の虎屋にて。

Oka2752

Oka2753

1月23日、駿府の友野屋にて。

Oka2754

1月26日、清洲の伊藤屋にて。

Oka2755

1月27日、堺に帰還。1ヶ月足らずで東日本を一周するという快挙です。

Oka2757

Ouka 椿桜花

「ええっ! 上杉と織田が? 詳しく話してくれませんか」

Oka2760

謙信上洛の報せを受けた織田信長は、北陸攻略を委ねていた重臣・柴田勝家を上杉軍迎撃の総大将に任じた。

用心深い信長は、さらに羽柴秀吉を勝家の援軍として越前へ向かわせたが、勝家と秀吉は上杉軍迎撃策で意見が対立。

両者は互いの主張を曲げず、ついに秀吉は、信長の許可を得ないまま陣払いして、その居城へ帰還した。

勝家は総勢三万を率いて越前北ノ庄を出陣、加賀手取川を渡り陣を張ったところへ、北陸道を西上してきた上杉軍二万が到着。

川を背にする不利を悟った勝家軍が、夜陰にまぎれて渡河し始めたところを、上杉軍が背後から猛然を襲いかかった。

手取川は折からの大雨で増水しており、前後に逃げ場を失った勝家軍は大敗。

Oka2767

Ouka 椿桜花

「なんとまあ…さすがは上杉謙信、強いこと」

Shinobi 忍者

「合戦後、謙信は『織田軍は案外弱く、この分なら上洛までの合戦に不安なし』と申したとか」

Ouka 椿桜花

「謙信も大きく出ましたね。しかし信長がこのまま手をこまねいているとも思えませんが…。天下はどうなりましょうか」

続きを読む "第24回 上杉謙信死す"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第23回 武田信玄死す

12月24日、博多の博多屋にて。

Oka2646

12月25日、赤間関の下関屋にて。

Oka2647

Oka2648

12月27日、尾道の大西屋にて。

Oka2649

Oka2650

Oka2651

12月29日、堺の千宗易宅にて。

Oka2652

Oka2653

Oka2654

年の瀬も押し迫った12月30日。

Ouka 椿桜花

「大鷹殿、そなたを番頭に任命します」

Oka2656

Ouka 椿桜花

「例の計画の準備も怠りなきよう」

Taiyo 天城大鷹

「もちろんですとも」

もうちょい新製品開発。

Oka2703

Oka2686

同日。

Oka2663

Ouka 椿桜花

「ついに武田軍が上洛を始めましたか!」

Shinobi 忍者

「途中、三方ヶ原の地で迎撃した徳川・織田連合軍を散々に打ち破り、士気を高めているとのこと」

Ouka 椿桜花

「さすがは甲斐の虎。洛中に武田の旗が立つのも間近でしょうか」

Oka2667

明けて1570(元亀元)年の早々に…。

Shinobi 忍者

「一大事にございます!」

Ouka 椿桜花

「…?」

Oka2670

Ouka 椿桜花

「な、何でございますと!?」

Oka2672

続きを読む "第23回 武田信玄死す"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第22回 貴重品収集

8月28日、長浜城の羽柴秀吉に茶をふるまったところ…

Oka2570

9月2日。

Oka2573

9月18日、今度は羽柴秀吉と手合わせをして…

Oka2592

Oka2593

さらに10月26日…

Oka2602

Ouka 椿桜花

「ぜひとも、よろしくお願いします」

Oka2608

Oka2609

Hideyoshi 羽柴秀吉

「ほっほっほっ。ふところが少しばかり温まれば思い出すかもしれん。あああ…もう忘れてしまいそうでございます。ほれ椿屋、今なら間に合うぞ」

何なんだ、こいつは…

Hideyoshi 羽柴秀吉

「いくらとは申さん。たったの100貫もあれば…」

リクエストに応じて100貫渡すと…

Oka2614

Oka2615

急に普通に戻るな、急に…

10月24日、久しぶりに納屋に立ち寄り、大旦那に挨拶。

Oka2597

これはこれは、えらく他人行儀でいらっしゃいますね。ま、他人ですけど。

豊かになった資金にモノを言わせて、貴重品を買い漁ります。

Oka2598

Oka2599

Oka2600

行商人からも…

Oka2595

Oka2596

続きを読む "第22回 貴重品収集"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »