« 第25回 悪代官と悪徳商人 | トップページ | 第27回 近畿の商人司に »

第26回 吾作処断

2月11日。

Oka2896

Oka2898

四国最強と言われた長宗我部家とはいえ、いとも容易く最大勢力であった十河家を滅亡に追い込めたのは、三好家の跡継ぎを巡る家中の混乱が完全に終結せず、領内で統一した行動が出来なかったのが原因とされる。

十河家当主・十河存保は、親交のあった羽柴秀吉を頼り、本土へと逃げ落ちるのであった。

Oka2904

Oka2906

北条氏康のことです。

忍者「家督は嫡子・氏政殿が継ぎ、遺言に従い武田家との盟を結ばれるよし」

6月7日。

Tai0694

7月5日。

Tai0695

8月13日、岐阜にて。

Oka3039

人物情報【可児才蔵(かにさいぞう)????~1613】
美濃の出身。宝蔵院胤栄に槍術を学んだ武勇の士。初め斎藤家に仕え、柴田、明智、織田、羽柴と渡り歩いた。関ヶ原合戦で、討ち取った首級すべてに笹を差して目印としたため「笹の才蔵」の異名を取った。

その翌日、安土城に立ち寄ったところ、織田信長は体調不良で床に伏せていました。そこで…

Oka3040

肝心な場面で、今までひた隠しにしていた盗癖が出てしまいました。これもイベントを導入しています。

Oka3042

Ouka 椿桜花

「さて…長居は無用、退散するとしましょう」

8月18日、安芸国・吉田郡山城に飛びます。

Oka3048

小早川隆景を弟子にして、その流れで一気に御用商人に。

Oka3056

8月22日、再度呂宋に渡ります。

Oka3060

1ヶ月の船旅ののち、呂宋到着。

Oka3064

Oka3065

購入しました。

Oka3066

帰国から3日後の11月5日、さっそく現れたのは…

Oka3070

もうこの顔、見たくない…

Ouka 椿桜花

「はい、どうぞ。さっさとお持ち帰りくださいな」

Otoko 吾作

「これがビードロですね。いやぁ、この輝き! こんな綺麗な物、初めて見ました」

Ouka 椿桜花

「…」

Oka3076

Oka3077

Oka3078

やはり、どうも裏がありそうです。ひとつ、尾行しましょう。

Oka3085

Oka3086

Oka3088

Oka3090

Otoko 吾作

「お待たせしました。これが、琴枝さんが欲しがっていたビードロですよ」

Onna3 琴枝

「わぁ…きれい。ありがとう、吾作さん! わたし、とっても嬉しいわ」

Otoko 吾作

「喜んでもらえて良かったです」

Onna3 琴枝

「吾作さん、素敵…わたしが欲しいって言ったもの、何でもくれるんですもの。一度でいいから伊勢海老が食べたいって言ったら、本当に伊勢海老を取ってきてくれるし…そう言えば、お鮨もおいしかったな。それに、あの備前焼の瀬戸物! あれも嬉しかったな。今でも大事に使っているわ。あんな貴重な物を手に入れるの、大変だったでしょ?」

Otoko 吾作

「いえいえ、琴枝さんのためなら、それがしはどんなことでも致します! ですから、琴枝さん…この前の約束を。ビードロをくれるなら、その…それがしと一緒になってもいいと…」

Onna3 琴枝

「あ、はい…こんなにわたしのことを思ってくれる吾作さんとなら…喜んで」

Otoko 吾作

「!! そうですか、琴枝さん! それがしと祝言をあげてくれるのですね!!」

Oka3106

椿桜花、ぶちきれました。

Oka3108

Oka3110

Oka3113

Oka3114

Ouka 椿桜花

「今まで口から出まかせの嘘八百を並べて、よくもわたしをいいように使ってくれましたわね」

Otoko 吾作

「すみません! 桜花さま!!」

Ouka 椿桜花

「もはや『すみません』では、わたしの気が済みません。バレたからには、覚悟はできているんでしょうね」

Oka2980

Ouka 椿桜花

「見苦しいわ! 男なら最期くらい潔く散りなさい! ええぃっ!!」

Oka2981

…となればすっきりするんですけど。寛大な椿桜花さん、許してしまいます。

Oka2998

Oka3011

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ

|

« 第25回 悪代官と悪徳商人 | トップページ | 第27回 近畿の商人司に »

剣豪商人・椿桜花【3】」カテゴリの記事

コメント

五作を殺害しようとしてもそうなったんでしょうか?
確か殺すみたいな選択肢もありましたよね?

投稿: カラカラ草 | 2011年7月 9日 (土) 11時47分

実はこの場面は細工を施しています。

デフォルトだと桜花が吾作を許す流れしかないんですけど、あまりの吾作のウザさに桜花よりも自分のほうがキレてしまい、妄想でも何でも吾作をぶった斬る場面をこしらえないと腹の虫が収まらなかったもので…coldsweats01

吾作のセリフの部分は、以前、足利義氏に止めを刺したときのセリフから画像合成したものです。

ややこしいことしてゴメンナサイbearing

投稿: GEN3 | 2011年7月 9日 (土) 15時04分

まあ気持ちはわかりますけどね。
彼女落とすために人を使うなんて…
鮨のくだりあたりからおかしいとは思ったんですよね…

投稿: カラカラ草 | 2011年7月10日 (日) 09時01分

商人として昇進するつど、吾作が出現する仕組みになっているんですよね。依頼を断る選択肢もあるんですが、それをすると商人勲功が稼げないのでやむなく…weep

勲功と無関係なら最初の段階で断って出入り禁止にしてやります。「惚れた女ぐらい自分の力で落としなさいよ」とか何とか言ってpunch

投稿: GEN3 | 2011年7月11日 (月) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/40664668

この記事へのトラックバック一覧です: 第26回 吾作処断:

« 第25回 悪代官と悪徳商人 | トップページ | 第27回 近畿の商人司に »