« 第36話 大坂城完成 | トップページ | 第38回 長宗我部、羽柴に降伏す »

第37回 北奥羽の商人司に

3月1日。

Oka4748

羽柴秀吉の要請に応じ、徳川家康が上洛した。家康は多くの武将の前で秀吉に臣下の礼をとり、羽柴家と同盟した。

実力者たる徳川家康の帰順により、諸国の大名も羽柴秀吉の威勢を認めないわけにはいかなくなった。

Oka4753

同日。

Oka4759

Ouka 椿桜花

「なんですって!?」

中央政権を握り、最大の敵であった徳川家康を従属させて不動の基盤を築いた羽柴秀吉は、主君・織田信長の成し得なかった天下統一の夢を成就すべく行動に移した。

既に中国の毛利家は羽柴政権下にあり、また北九州一帯の大名達も続々とはせ参じたために、未だ手付かずの北日本よりも比較的制圧が容易であると思われる南日本の取り込みを画策した。

その一環として、四国の長宗我部家に対して従属を求めたのである。

長宗我部元親もまた時勢を敏感に読み取り、圧倒的に自家の優位にある羽柴秀吉への従属を検討していた。

だが、ここで問題になるのは「どれだけ有利な条件で従属できるか」である。

四国全土を掌握する長宗我部家は、あまりにも危険である。

長宗我部家は強力な水軍も擁しており、仮に九州出兵した折りに四国勢の裏切りを受けたら、羽柴軍は補給もままならず全滅するのは目に見えていた。

Oka4771

長宗我部家としてもその覚悟をせねばならなかった。だが、長宗我部元親には目算があった。

Oka4774

そのために四国勢の協力が必要不可欠であり、さらに言えば、九州制圧を控えた現状で四国を制した精強な長宗我部軍と水軍相手に戦端を開くのは、さすがの羽柴家も二の足を踏むであろうと読んだのである。

そのため、従属交渉に赴く使者に対して、長宗我部元親は伊予一国の割譲で済ませるように厳命した。

だが、秀吉としてはそれで済ませるわけにはいかなかった。

Oka4780

幾度かの交渉は行なわれたものの、いずれも話し合いは平行線で終わり、交渉は決裂してしまったのである。

Oka4786

Ouka 椿桜花

「なるほど、水際で食い止めるか、水軍と連携すれば、あるいは羽柴軍だけならば撃退することも可能でしょう。しかし、毛利軍が羽柴軍と呼応して伊予方面に侵攻したら、長宗我部側に支えられる戦力はないでしょうね」

3月7日。

Oka4797

3月10日。

Oka4799

3月19日、九戸城攻略成功。城主には三好長逸が任命されました。

Oka4804

4月9日。

Oka4807

羽柴ではなく、徳川が小田原城を攻略。しかも、軍団の将は羽柴秀長。かなり史実と異なる部分が表面に現れてきました。

4月10日。

Oka4809

天城家主導による南部家包囲網は、確実に狭まってきています。

5月15日。

Oka4814

これで南部家の拠点は三戸城を残すのみ。

Oka4817

次なる敵・津軽家に対する宣戦を進言しました。

Oka4822

7月3日、初めて大坂城を訪れました。

Oka4839

Ouka 椿桜花

「なんと雄大な城なの。このように光り輝く天守は、いまだかつて見たことがないわ」

Oka4847

Ouka 椿桜花

「いいえ、そうはなりませんわ」

Otoko 町民男

「?」

秀吉を訪ねたところ…

Oka4848

天城大鷹による斯波家乗っ取りの一件は、忘れてしまったようです。

7月27日。

Oka4858

これにて南部家は滅亡。この時点での奥州北部の勢力図は…

Oka4865

休む間もなく次のターゲット・津軽家を…

Oka4874

津軽家もあっさり滅亡。

Oka4882

天城家が北奥羽最大の勢力になったことを受けて、椿屋は商人司争いに名乗りを上げます。

Oka4889

Oka4895

Oka4897

内藤如安。史実では小西行長の家臣でしたが、この世界では椿屋から天城家に送り込まれています。

Oka4902

いつもと違って、少々上から目線の天城大鷹。何と言っても大名ですから、一般民衆の前では威厳をアピールすることも必要ですね。

Oka4905

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ

|

« 第36話 大坂城完成 | トップページ | 第38回 長宗我部、羽柴に降伏す »

剣豪商人・椿桜花【4】」カテゴリの記事

コメント

徳川に秀長とは…引き抜かれたんですかね?
兄を支えた腹心(笑)

小田原が落とされたと言うことは小田原攻めは起きませんかね
見てみたかったので残念です

投稿: カラカラ草 | 2011年10月 1日 (土) 08時16分

本能寺までは大筋で史実に沿って進めることができましたが、ここから先は何がどうなるのかわからない状態ですcoldsweats01

天城家が北から驀進してきますしgood

秀長が引き抜かれたのは意外でした。さかのぼって経緯を調べてみましたが、不明。かなり初期の段階で徳川入りしたようです。秀吉と仲違いしたのかもしれませんね。

投稿: GEN3 | 2011年10月 1日 (土) 09時24分

ごめんなさい。
本当に申し訳ないんですが助けて下さい。
ワンクリック詐欺にひっかかってしまいました。
太閤立志伝にまったく関係ないですがどうか
助けて下さい。お願いします。

投稿: 柳生一派 | 2011年10月 1日 (土) 21時17分

> 柳生一派さん

状況がよくわかりませんが、まずは冷静にthink

請求画面が表示されただけであれば、よく言われているように“無視”が一番かと。私も過去に半年間ほど毎日請求メールを送りつけられたことがありますが、“完全黙殺”しているうちに、来なくなりました。

もし支払いに応じてしまった場合は、最寄りの警察署に相談するのがよいと思います。詳しくは、警視庁のサイトに掲載されている対応策をひと通り読んでみてください(↓)。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/haiteku/haiteku35.htm

繰り返しますが、とにかく落ち着いて対応してくださいthink

投稿: GEN3 | 2011年10月 1日 (土) 21時50分

ありがとうございます。
もう本当に怖くて怖くてどうしたらいいのか
わからないんです。家に請求に来たりしませんよね?

投稿: 柳生一派 | 2011年10月 1日 (土) 23時52分

> 家に請求に来たりしませんよね?

そのためにもメールに返信したり、こちらから連絡して余計な情報を与えることのないようにしてください。

だいたい、姿を隠して楽して儲けようとしている連中が、わざわざ苦労して他人の自宅の場所を調べ、のこのこ請求にやって来るなんてことはあり得ません。連中にとっては姿をさらすことは命取りですよgood

投稿: GEN3 | 2011年10月 2日 (日) 00時14分

ありがとうございます。
このまましばらく頑張ってみようと思います。
心の救いになりました。
本当にありがとうございます。

投稿: 柳生一派 | 2011年10月 2日 (日) 00時27分

今回みてとてもよかったと思います」

投稿: 安倍 吉昌 | 2011年10月 3日 (月) 21時03分

> 安倍 吉昌さん

コメントありがとうございますhappy01

いよいよ椿桜花-天城大鷹ラインによる天下統一に向けて、物語は大きく動き始めました。
最後まで楽しんでいってくださいscissors

投稿: GEN3 | 2011年10月 3日 (月) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/41957935

この記事へのトラックバック一覧です: 第37回 北奥羽の商人司に:

« 第36話 大坂城完成 | トップページ | 第38回 長宗我部、羽柴に降伏す »