« 第45回 羽柴家滅亡す | トップページ | 番外編1 天城家家臣一覧 »

最終回 戦国時代 ここに終結す

1594(文禄3)年1月15日。旧羽柴家の家臣を勧誘したところ、超大物が椿屋=天城家入りしてくれました。

Oka6263

2月9日、なんと島津が毛利に攻め込みました。

Oka6270

2月24日。

Oka6279

Tai0009

近畿以東はすべて椿屋の商圏です。

2月29日、同盟から離脱した里見家への攻撃を開始。

Oka6281

3月4日、いよいよ大団円が近づいてきました。

Oka6282

4月6日。

Oka6288

4月9日、旧羽柴家臣のこの人も椿屋入りです。

Oka6290

5月15日。

Oka6294

5月21日、加藤清正が天城家入り。

Oka6295

6月8日。

Oka6298

6月24日。

Oka6299

里見家終了。

8月11日、佐竹氏の居城・烏山城を攻略して…

Oka6306

8月23日、念願の大坂城入りです。

Oka6308

ついでに官位一覧も。

Oka6310

もはや天城大鷹一色。

これでもまだ天城家になびく気配のない十河家を…

Oka6312

そしてついに、1595(文禄4)年3月4日。

Oka6326

Oka6328

Oka6329

Oka6330

Oka6331

Oka6332

Oka6334

Taiyo 天城大鷹

「まずは戦乱の世の終わりを高らかに宣言し、惣無事令を発する。今後、太政大臣の許可なく、領地について私闘を行うことを禁じる」

その後、天城大鷹の働きは諸人の認めるところとして…

Oka6340

源氏・皇族以外の者としては、実に坂上田村麻呂以来八百年ぶりに征夷大将軍に任ぜられたのである。

征夷大将軍となった天城大鷹は大坂の地に天城幕府を開き、全国を統治する支配機構を整えた。開幕当初から政情不安に見舞われ、山城一国の支配すら危うかった室町幕府の先例を反面教師とするかのように、強固な封建体制を築くべく、家臣たちも天城大鷹への協力を惜しまなかった。

Oka6344

また、当主の椿桜花は、冒険商人としての資質も大いに生かし、海外交易も盛んに行った。

Oka6346

そして、月日は流れ…

Oka6348

ともあれ戦乱が終わったことで、人々は経済活動にいそしむことが可能となり、諸外国との交易はますます盛んとなった。

Oka6350

自ら稼ぐ手段を知ったこの国の人々は、もはや天城幕府の支配など必要としなかったのである。

Oka6352

Oka6353

…ということで、2010年10月29日の第1回から1年1ヶ月・46回にわたって連載してまいりました「剣豪商人・椿桜花」、ここに完結を迎えることになりました。

途中、いつものようにモチベーションの低下から中断を余儀なくされた時期もありましたが、そのつど復活を果たし、何とか大団円までこぎつけたのも、読者の皆さまの存在とコメントがあったからこそと感謝しております。特に、カラカラ草さん、ごちきちさん、bhlbさん、柳生一派さん、ユウさん、ポンポんさん、wawawaさん、最後までお付き合いくださってありがとうございました。

さて、今後ですが、しばらく「太閤立志伝5」からは離れることになりそうです。同時並行している他のシミュレーションゲームの進展にしばらく注力しますが、そのうち(おそらく来年春までには)待望の「太平洋戦記3 最終決戦」が発売されると思われるので、そちらに全力投球することになろうかと思います。

ただ「太平洋戦記3 最終決戦」の発売があまりにもずれ込むようだと、また「太閤立志伝5」にふらりと戻ってくるかもしれません。その場合の主人公は「毛利隆元」にするつもりです。史実では志半ばにして不審死を遂げた隆元ですが、彼が生き永らえていたら…という設定で武将プレイに挑戦します(ヤル気満々です)。

なお、先日の所有サイト全面リニューアルにより、当ブログは「芸急グループ」傘下「架空現実歴史館」のコンテンツのひとつになりましたので、グループ内の他のコンテンツとも併せてお楽しみいただければ幸いです。

引き続き当グループに対するご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ

|

« 第45回 羽柴家滅亡す | トップページ | 番外編1 天城家家臣一覧 »

剣豪商人・椿桜花【4】」カテゴリの記事

コメント

まずはお疲れ様です

1年も連載していたんですか…
その分名残惜しいですね
太平洋戦記とやらの方も見させていただきます(コメントするかは分かりませんが)
毛利隆元は主役としては地味…もといバランスが良い将なのでいろんなプレイができそうですね

次回も楽しみにしています!

投稿: カラカラ草 | 2011年12月 3日 (土) 08時59分

1年1ヶ月お疲れ様でした。
いやーこんなに時間が、かかっていましたか。
きずいたら、このシリーズを、見るのが日課になっていました。
ですから、さびしかったりもします。
それでも、とても、おもしろかったです。
次回の、太平洋戦記も、見たいと、思っています。
次回も、楽しまして下さい。
よろしくおねがいします。

投稿: bhlb | 2011年12月 3日 (土) 10時02分

まずはお疲れ様でした
毛利隆元ですか・・・
自分が使った時は
優秀すぎる弟たちと自分を天秤に掛けた
隆元は毛利家の混乱を避けるため死んだように見せかけた。
そして隆元の第2の人生が始まる・・・
の後医者になった感じでしたw

投稿: wawawa | 2011年12月 3日 (土) 11時36分

皆さま、コメントありがとうございます。
繰り返しになりますが、おかげさまで1年あまりの連載を続けることができました。

> カラカラ草さん

おっしゃるとおり、毛利隆元さん、華やかさはありませんが知勇のバランスがとれた堅実な武将ですよね。早死したこともあって埋もれた存在なので、せめて架空の世界では光を当てて差し上げようと思います。

> bhlbさん

日課の一部を占めるほど楽しんでいただけたとは、光栄の至りです。時期はわかりませんが、毛利隆元の復活まで待っていてくださいね。
趣味が合わないかもしれませんが、メインサイトではオンラインゲームもプレイレポートも書いていますので、よければのぞいてやってください。

> wawawaさん

医師・毛利隆元ですか。それはそれで、清廉な名医として後世に名を残したかもしれませんね。まだ新連載の時期も決まらないうちから、毛利隆元のプレイ方針が頭の中をいろいろと駆け巡っています。

投稿: GEN3 | 2011年12月 3日 (土) 22時11分

お疲れ様です^^
毎週楽しみに見ていました。
ここに来ると太閤立志伝がやりたくなります笑

何はともあれこれからも楽しみにしていますね^^

投稿: ユウ | 2011年12月 7日 (水) 19時56分

> ユウさん

どうもありがとうございます。

関連ネタを不定期に更新するつもりなので、
ときどきのぞいてやってくださいhappy01

投稿: GEN3 | 2011年12月 7日 (水) 23時26分

こんばんは~。
一年もの長い間の連載、お疲れ様でした!

太平洋戦記というのは知らないので、またそちらの連載が始まるのを楽しみにさせて頂きます(^^

投稿: | 2011年12月15日 (木) 20時13分

コメントありがとうございます。

「太平洋戦記3」はその名のとおり、太平洋戦争をテーマとしたシミュレーションゲームです。ずいぶん前から発売予告がされていますが、残念ながらまだ発売日の発表がありません。

あまりにも「太平洋戦記3」のリリースが遅くなるようだと、またこちらに戻ってきて「毛利隆元の巻」を始めてしまうかもしれませんねwink

投稿: GEN3 | 2011年12月15日 (木) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165016/42980946

この記事へのトラックバック一覧です: 最終回 戦国時代 ここに終結す:

« 第45回 羽柴家滅亡す | トップページ | 番外編1 天城家家臣一覧 »