« 2012年8月 | トップページ

2012年10月

『村雨』の由来

「太閤立志伝5」に登場する刀剣アイテムの中で、中国の名剣『莫耶』に次いで、No.2の威力を誇る『村雨』(むらさめ)ですが、なぜ小田原の素浪人・足利義氏なる男が所持しているのか、つねづね不思議に思っていたので、調べてみました。

結論から言うと、江戸時代後期の読本『南総里見八犬伝』がベースとなっているようです。

そもそも『村雨』は架空の刀であり、物語の中では鎌倉公方足利家に伝わる宝とされていましたが、足利持氏一族が滅亡した際に、足利家の近習の手に渡り、その孫であった犬塚信乃(八犬士の一人)が所持することになりました。

さまざまな紆余曲折を経て、信乃が、持氏の子・足利成氏に『村雨』を献上したことで、ようやくこの刀は足利家の手に戻り、その後、初代古河公方(こがくぼう)である成氏から第5代の足利義氏に伝わったということだと思われます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ